2017年 5月 の投稿一覧

変形性股関節症-今やっている仕事とどう向き合うか?

変形性股関節症-今やっている仕事とどう向き合うか? 

こんにちは。
変形性股関節症と正しく向き合う会代表理事の井口です。

「変形性股関節症と診断されてしまった。
 今の仕事は大好きだけど、今後も続けていけるのか?」

これは、日々の仕事に生きがいを感じている方が変形性股関節症と診断されたときに最初に感じる不安だと思います。

私も、仕事に非常に大きな生きがいを感じる人間の一人です。
だから、その不安は私自身が経験したもの。
本当によく分かります。

今日は、実際に変形性股関節症を経験し、人工股関節の手術を行った私の実体験をお伝えしようと思います。

続きを読む

手術経験者は語る-変形性股関節症の手術前で不安なあなたのためのリアルな話

手術経験者は語る-変形性股関節症の手術前で不安なあなたのためのリアルな話

こんにちは。
変形性股関節症と正しく向き合う会代表理事の井口です。

変形性股関節症と診断されたら、本当に不安になると思います。
ましてや、手術するとなったら・・・。
どれだけ気持ちがかき乱されるのか。

そんな不安を和らげる一つの方法が、実際に変形性股関節症の手術をした患者自身のリアルな状態を知ること。

続きを読む

変形性股関節症-主治医以外へのセカンドオピニオンのススメ

変形性股関節症-主治医以外へのセカンドオピニオンのススメ

主治医以外にも話を聞くことが大切です

自分の病状を正しく知る」の中で、医者以外にも
 ・ 同じような病気を経験している人
 ・ 股関節専門の理学療法士、技術のあるスポーツトレーナー
など
変形性股関節症の症例を多く持っている人から話を聞くことが重要とお伝えしました。

この点は非常に重要なので、私の体験談も交えつつ、何度でもお伝えします。

続きを読む

変形性股関節症-あなたの主治医を決める8つの質問

変形性股関節症-あなたの主治医を決める8つの質問

変形性股関節症の治療では、主治医を誰にするかということが本当に大切です。

主治医次第で、手術か、保存療法かといった今後の大きな治療方針が決まります。
その後のあなたの人生を決めるほどの影響があるのです。

 今のあなたは、股関節が痛くてなかなか動けないかもしれません。
ただ、主治医選びは、是非積極的に行動することをおススメ致します。

続きを読む

変形性股関節症-自分の病状を正しく知る

変形性股関節症-自分の病状を正しく知る

変形性股関節症と診断されてしまった。
そんなあなたは、ご自分の症状を正しく把握していますか?

 私が最近よく相談される内容に、
「股関節が痛いのですが、どうしたらよいでしょうか?」
というものがあります。

そんな時に私がお尋ねするのは、「お医者様には診てもらっていますか?」という質問。
ほとんどの相談者の方からは、「いえ、まだです」という答えが返ってきます。

実は、これは非常によくない状況です。

そして、このような方は、できるだけ早く2つの対処を行う必要があります。

今日は、変形性股関節症と診断されてしまったあなたが、ご自身の病状を正しく知るために行うべき2つの対処をお伝えします。

続きを読む