変形性股関節症と診断された患者が知っておくべき「日常生活のヒント」5つ

【変形性股関節症の保存療法】保存療法では3つのポイントを意識するのが大事です

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症と診断された患者が特に不安に思うことが、今後の生活がどのようになるかということです。
特に、今のようにコロナウイルスの影響で、日常生活が不安定なときはなおさらです。

今日は、そんな状況の中、変形性股関節症の患者の日常生活がどのようになるのか、私の実体験を踏まえて5つのヒントとしてお伝えしようと思います。

ぜひご覧ください。

日常生活のヒント5つ

1.変形性股関節症になった私の股関節の痛みがどう変わっていったか

2.家事が本当に大変! 変形性股関節症の末期患者のリアルな日常

3.健康寿命を少しでも伸ばしたいあなたに、筋トレをおススメします

4.日常生活で取り組める! 股関節の違和感を軽減するための3つのヒント

5.実体験!変形性股関節症の痛みの症状を知って不安に勝つ

変形性股関節症になると

日常生活が大きく変わります。
転ばぬ先の杖として、ぜひこれらのヒントを活用して下さい。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

SNSでもご購読できます。