【変形性股関節症の手術】術後はリハビリ運動だけではダメです

【変形性股関節症の手術】術後はリハビリ運動だけではダメです

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

前回のブログでも書きましたが、術後の経過が思わしくないのはリハビリの運動量が足りないことが原因です。

このようなことをいうと

変形性股関節症の患者さんはリハビリをとにかく一生懸命にやればよいと思いがちです。

ただ、実際はそうではありません。
なぜなら、その人の股関節の状態に合わせた適切な運動量があるので、過度に取り組めばかえって逆効果になってしまう場合があるからです。

また、適切な量のリハビリ運動ができたら

その後に必ず使った筋肉をほぐす必要があります。
これがいわゆる「股関節ケア」です。
筋肉を使ったら、その後、直ぐにケアをすることがとても大切なのです。

例えば、工場の機械を想像してみてください。

工場の機械をずっと休まず動かしていると、いずれ壊れてしまいます。
時には機械を休ませて、油をさしてあげる必要があります。

同じように、リハビリで使った筋肉は疲労がたまりますので、筋肉をほぐして休ませてあげる必要があるのです。

実はこの「リハビリ運動+股関節ケア」

私自身の闘病経験から生まれた独自の方法なのです。

「リハビリ運動+股関節ケア」を両輪で行うことで、変形性股関節症に打ち克ち、日常生活を不自由なく送ることができるようになります。

ただし、「リハビリ運動+股関節ケア」ができるようになるまでには一定の期間が必要です。

なぜなら、患者の股関節の状態に合ったリハビリ運動指導が必須ですし、股関節ケアについても私自身の闘病経験から生まれた独自の方法なので覚えるのに時間がかかるためです。

協会に定期的にいらっしゃる患者さんには

必ずこの「リハビリ運動+股関節ケア」に取り組んでいただいておりますが、実はこれは、協会に来訪された時だけでなく、ご自宅でも継続しておこなうとさらに効果を実感できるのです。

「リハビリ運動+股関節ケア」は保存療法や術後リハビリにおいても実践可能ですので、ぜひ一度お試しください。

今回は

術後に「リハビリ運動+股関節ケア」を積極的に取り入れることで早期回復が望め、また保存療法にも有効だ、というお話でした。

「リハビリ運動+股関節ケア」の方法を実践してみたい患者さんは、ぜひ一度メディカル・アロマケア体験会にご参加下さい。

この記事が今後のリハビリ生活に役立つことを願っております。

今日のリハビリ運動

今日は、20kgの重さを持ってのスクワットです。

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

SNSでもご購読できます。