変形性股関節症と仕事の板挟みで悩むあなたがまず取り組むべきはコレです

変形性股関節症と仕事の板挟みで悩むあなたがまず取り組むべきはコレです

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の症状が進むと、今までのようには仕事ができなくなります。

個人事業や会社経営をしている場合には、何とか折り合いをつけながら仕事を継続することができるかもしれません。

例えば、私の場合。
最初から独立して仕事をしていたので、実際に新規事業を中止したり、仕事の内容を見直すことで対応することができました。

ただ、私が最近お受けする仕事の相談者のほとんどは会社勤めの方。
その場合、なかなか自分の思い通りにはなかなかいきませんよね。

今日は、そんなふうに
仕事と変形性股関節症の板挟みでどうすればいいのか途方にくれてしまう
と悩むあなたにぜひ読んでほしいお話です。

変形性股関節症のために仕事に悩むあなたがまず取り組むべきこと

私自身や相談を受けた方のケースから言えるのは、
あなたが抱える問題を明確化する
ということです。

つまり、
 ・ 股関節痛に悩んでいるのか
 ・ 仕事で悩んでいるのか
 ・ 人生について悩んでいるのか
 ・ それともその他で悩んでいるのか
問題を解きほぐすことから始めるのが実は一番近道です。

自分が抱えている問題がハッキリすると、問題の優先度をつけることができます。
何について一番悩んでいるかが明確になるんです。
結果として、気持ちが非常にスッキリします。

気持ちがスッキリすると、最初の一歩の行動を踏み出すことができます。
そして、仕事の問題も少しずつ解決に向かいます。

問題を明確化するための具体的なやり方

そのための具体的な方法は、こちらにまとめてあります。
実際に私が体験したことをベースに書いていますので、ぜひ試してみてください。

正直なところ

変形性股関節症の患者がどう仕事と向き合うか、というのは本当に難しい問題だと思います
というのも、状況が人それぞれに違いすぎるから。

「手術か保存療法か」ということにも大きく関わってきますし、
病状の進行とともに段々とひどくなっていく股関節の痛みへの対処とも密接に関係します。

そもそも、仕事自体がこれからの人生を考える上で重要なテーマとなるため、
最終的にはご自身で十分に時間をかけて判断するしかありません

一つ言えるのは、1人で抱え込まずに同じ悩みを持つ仲間と情報交換するのが役立つということです。
そうすることで、自分自身の解決策のヒントを見出すことができると思います。

私も、そのような方のサポートの一つとして、お話会を実施しています
もしよければ、うまく利用してください。

この記事が少しでもあなたの役に立つことを祈ってやみません。

【無料】変形性股関節症に悩むアナタのための「お役立ち特別コンテンツ」

変形性股関節症の元患者である井口が 当時本当に知りたかった情報や欲しかったノウハウ、参加したかったコミュニティなど、 全部まとめて、しかも無料で利用できるようにしました。


こちらから当ブログの読者登録をして、ぜひご活用ください。


読者登録して無料お役立ちコンテンツを読む

SNSでもご購読できます。