何度でもお伝えします!「保存療法か手術療法か?」を判断するときのポイント

何度でもお伝えします!「保存療法か手術療法か?」を判断するときのポイント

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

今日は、協会にご相談いただく悩みで一番多い内容についてのお話。
「保存療法か手術療法か?」

実はこのお話、これまで何度も当ブログでお伝えしています。
ただ、保存療法か手術療法かの選択は、患者の今後の人生にとって本当に重要な選択です。

この重要なテーマは、何度でもお伝えする価値がある。
私はそう信じています。

今日は「保存療法か手術療法か」の判断をするためのブログ記事をまとめてみました。

少しでも当てはまるアナタ、ぜひご覧ください。

保存療法か手術療法を判断する前に

まずは冷静になることが大事です。
その上で最初に行うのは、判断の前提となる基礎知識を正しく把握すること。

回り道に思えるかもしれませんが、非常に大事です。

基礎知識

まずはここから知っておこう!「変形性股関節症とは?」
変形性股関節症の「保存療法」の基礎知識をまとめました
変形性股関節症の「手術療法」についてまとめました

その上で自分のこれからの人生について真剣に考える

そうすれば、アナタがこれからどのように生きていきたいかの方向が見えてきます。
さらには、その方向に進むために最適なのは「保存療法なのか、手術なのか?」がハッキリするはずです。

判断するために考えるべき「問い」

「保存療法か手術か」迷ったときに考えたい”たった一つの問い”
変形性股関節症患者の苦悩「手術か保存療法か、それが問題だ」

ぜひ取り組んでみてください

最初にもお伝えいたしましたが、保存療法か手術療法かの選択は患者の今後の人生にとって本当に重要な選択。
いくら慎重になってもなりすぎることはありません。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

【無料】変形性股関節症に悩むアナタのための「お役立ち特別コンテンツ」

変形性股関節症の元患者である井口が 当時本当に知りたかった情報や欲しかったノウハウ、参加したかったコミュニティなど、 全部まとめて、しかも無料で利用できるようにしました。


こちらから当ブログの読者登録をして、ぜひご活用ください。


読者登録して無料お役立ちコンテンツを読む

SNSでもご購読できます。