【まとめ記事】大事だけど大変な”動き方の癖を正す”ためのリハビリに役立つ記事2つ

【まとめ記事】大事だけど大変な”動き方の癖を正す”ためのリハビリに役立つ記事2つ

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

今日は、リハビリについてのお話です。

リハビリは、
 ・ 通常の生活ができる状態まで回復する
 ・ 人工股関節の動きを再学習、再獲得する
という大きく2つの目的を達成するためのものだということはご存知の通りだと思います。

この2つの目的のうち

実は”動き方の癖”を正すことは非常に大変です。

というのも、この”動き方の癖”は、股関節の痛みなどをカバーするために長年に渡って体に染みついたものだから。

癖を取るためには、それこそ癖が身についたのと同じ時間をかけて、正しい動き方の訓練を行う必要があります。

今日は、そんな”動き方の癖”を正すために役立つ記事をまとめました。
特に現在リハビリ中の方は、ぜひご覧下さい。

癖を直すヒント

まずは前提知識の復習から。
術前・入院中・退院後のリハビリの目的や内容を理解して下さい。

 ・ 「変形性股関節症のリハビリ」って実はすごく楽しいです!

この記事には、特に入院中・退院後の部分に”癖を正す”ためのヒントがあります。

私の実体験

私の癖は、左側の股関節が悪かったせいで、体を左側にゆらして歩くことでした。
この癖が原因で、変形性股関節症の進行期~末期にかけては、股関節の外側が非常に痛くなりました。

その辺りの詳細についてまとめた記事がこちら。

 ・ 変形性股関節症末期。股関節の外側が痛む私を支えた2つのポイント

ぜひ実際に取り組んで下さい

”動き方の癖”を改善することで、変形性股関節症のリハビリをうまく進めて下さい。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

SNSでもご購読できます。