変形性股関節症と仕事

【2018/10/14レポート】第2回「変形性股関節症と仕事の両立で悩むアナタためのワークショップ」

【2018/10/14レポート】第2回「変形性股関節症と仕事の両立で悩むアナタためのワークショップ」

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

2018年9月16日より「変形性股関節症と仕事の両立で悩むアナタためのワークショップ」が始まりました。

このワークショップ。

これまで協会で受けた”変形性股関節症と向き合いながら仕事をしようとしたときに起こる様々な悩み”の相談から生まれました。

詳細はこちらの記事にまとめておりますが、ビジョンストーリーと呼ばれる手法を用いて自分の具体的な明るい未来の姿を明確にすることで自分の仕事や将来に希望を持つための”体験型講座”です。

今日は、そのワークショップの第2回目の様子をお伝えしようと思います。

続きを読む

「変形性股関節症との向き合い方に悩む。。」そんなアナタへのヒントをまとめました

「変形性股関節症との向き合い方に悩む。。」そんなアナタへのヒントをまとめました

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症になってしまった。
ただ、その事実を受け入れて、これからどう向き合えばいいのかが分からない。

変形性股関節症の患者さんにとって、このことは大きな問題です。

当然ですよね。

変形性股関節症と診断されただけでも大きなショックなのに、これからどう向き合えばいいのかはわかるはずもない。
これから自分がどう生きていけばいいのか、そんなことも普段考える機会は少ないですし。

今日は、そういうふうに、変形性股関節症とどう向き合えばいいのかがわからない患者さんへのまとめ記事です。

変形性股関節症で「これからどうしよう」と立ち止まって前に進めないアナタが動き出すきっかけになれば幸いです。

続きを読む

【ワークショップ直前特集】「明るい未来の展望」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる

【ワークショップ直前特集】「明るい未来の展望」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

いよいよ、今週末に「変形性股関節症と仕事の両立で悩むアナタのためのワークショップ」が開催されます。

実はこのワークショップ、”変形性股関節症と仕事”をテーマにしていますが、変形性股関節症に悩む全ての人にすごく役に立つんです。

例えば、
 ・ 股関節の痛みに耐えて仕事を続けるため、 保存療法か手術療法かで迷っている。
   ただ、どちらを選択したとしても先の見えない将来に不安を感じている

 ・ 人工股関節手術後、望んでいたほど股関節が回復していない。
   完全回復までにどれくらいの時間がかかるのか。
   自分に明るい未来がやってくるのだろうかと悩んでいる

 ・ 変形性股関節症とうまく付き合いながら何か社会に貢献したい。
   漠然と考えているものの、どうすればよいかわからない

こんなふうに感じてらっしゃる変形性股関節症の患者さん。

このような方には、このワークショップはピッタリだったりします。

今日は、ワークショップ開催直前の特集として、
 「明るい未来」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる
ということをテーマに、関連する記事をまとめてみました。

少しでも興味があれば、ご覧ください。

続きを読む

なぜ「変形性股関節症と仕事の両立」をテーマとしたワークショップを企画する必要があったのか?

なぜ「変形性股関節症と仕事の両立」をテーマとしたワークショップを企画する必要があったのか?

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

今日は、当協会がなぜ「変形性股関節症と仕事の両立」をテーマとしたワークショップを企画したのかについてお伝えしようと思います。

「このワークショップ、難しそう。。。」
「自分には関係ない世界の話だ。。。」
とお考えのあなたにこそ読んでいただきたいお話です。

ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症と仕事】アイデア出しが上手になると「仕事における自分の価値」がグンと高まる

【変形性股関節症と仕事】アイデア出しが上手になると「仕事における自分の価値」がグンと高まる

変形性股関節症と正しく向き合う会代表理事の井口です。

最近、変形性股関節症と向き合いながら仕事をするためのお話を多く書いています。
なぜなら、このブログやセミナーなどを通じて仕事に関する相談がたくさん来るため。

私は、何とか変形性股関節症で仕事に悩む人のためになりたいと考えており、そのために自分にできることの一つとして、ブログ記事を書いているのです。

そして、仕事の相談を受ける中で感じるのが
 「変形性股関節症だからこそ、仕事における自分の価値を高める必要がある
ということ。

これは、会社勤めをしようが、起業をしようが同じです。

そのため大きな力となるのが、仕事に対する「アイデア出し」の力。
仕事上で、筋道の通った「よいアイデア」が出せるようになると、あなたの仕事での価値がグンと上がります

今日は、そんな「アイデア出し」に関する記事をまとめておきます。

ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症と仕事】秋からのスムーズな仕事復帰に向けた準備は8月からがおススメ

【変形性股関節症と仕事】秋からのスムーズな仕事復帰に向けた準備は8月からがおススメ

変形性股関節症と正しく向き合う会代表理事の井口です。

早いもので、もう8月になりました。
変形性股関節症の手術を終え、秋から仕事復帰しようとお考えの方もいらっしゃると思います。
そのために、いろいろ動いていらっしゃる方も多いでしょう。

今日は、そんなふうに
 ・ 変形性股関節症とうまく付き合いながら「秋からの仕事復帰」を目指す方
に向けた記事をまとめました。

少しでも、うまく仕事復帰するためのヒントになれば幸いです。
ぜひご覧ください。

続きを読む

変形性股関節症と向き合いながら仕事するなら「会社勤め」に加えて「起業」も選択肢に入れるといい

変形性股関節症と向き合いながら仕事するなら「会社勤め」に加えて「起業」も選択肢に入れるといい

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

夏になりました。

夏は、股関節の痛みが和らいでくる「いい季節」。
いろいろと新しい取り組みをしようと意欲も上がる時期です。

そして、気持ちが前向きになりやすい今の時期こそ考えてみるといいのが「仕事」のこと

変形性股関節症と向き合いながら、どう仕事をやっていくか。
これは、モチベーションが高くなる今の時期に検討しておくべきことの一つです。

今日は、変形性股関節症に悩むあなたが仕事について考えるときに意識すべき、仕事の選択肢について書いてみました。
簡単に言えば「会社勤め」だけでなく「起業」も選択肢に入れるといいですよ、というお話。

興味がある方は、ぜひご覧ください。

続きを読む

「ビジョン・ストーリー」は変形性股関節症を乗り越えるためにもすごく役立つ考え方です

「ビジョン・ストーリー」は変形性股関節症を乗り越えるためにもすごく役立つ考え方です

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

先日、変形性股関節症の方の仕事に関する記事として「ビジョン・ストーリー」という考え方をご紹介いたしました

実はこの「ビジョン・ストーリー」。
変形性股関節症を乗り越える際にもすごく有効なものなんです。

今日は「ビジョン・ストーリー」の効果について、とあるコンサルタントの方から伺ったお話をシェアしたいと思います。

変形性股関節症に悩むアナタに向けた記事です。
ぜひご覧下さい。

続きを読む

事業化できる「起業ネタ」を探す!玉石混交のネタをふるいにかける7つの視点

事業化できる「起業ネタ」を探す!玉石混交のネタをふるいにかける7つの視点 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「変形性股関節症と向き合い、できる範囲で仕事をしようと決めた。そのために起業する。」
そう考えて、起業のネタを探し始めた。

以前、そんなアナタに向けて、起業のネタだしのやり方をお伝えしました。

ただ、起業のネタだしは最初に取り組むステップであり、つまづく方も多いです。
そこで今日は、起業のネタだしについてさらに詳しく深堀してみました。

起業のネタだしで戸惑っている方は、ぜひご覧ください。

続きを読む