変形性股関節症の手術療法

何度でもお伝えします!「保存療法か手術療法か?」を判断するときのポイント

何度でもお伝えします!「保存療法か手術療法か?」を判断するときのポイント

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

今日は、協会にご相談いただく悩みで一番多い内容についてのお話。
「保存療法か手術療法か?」

実はこのお話、これまで何度も当ブログでお伝えしています。
ただ、保存療法か手術療法かの選択は、患者の今後の人生にとって本当に重要な選択です。

この重要なテーマは、何度でもお伝えする価値がある。
私はそう信じています。

今日は「保存療法か手術療法か」の判断をするためのブログ記事をまとめてみました。

少しでも当てはまるアナタ、ぜひご覧ください。

続きを読む

【ワークショップ直前特集】「明るい未来の展望」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる

【ワークショップ直前特集】「明るい未来の展望」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

いよいよ、今週末に「変形性股関節症と仕事の両立で悩むアナタのためのワークショップ」が開催されます。

実はこのワークショップ、”変形性股関節症と仕事”をテーマにしていますが、変形性股関節症に悩む全ての人にすごく役に立つんです。

例えば、
 ・ 股関節の痛みに耐えて仕事を続けるため、 保存療法か手術療法かで迷っている。
   ただ、どちらを選択したとしても先の見えない将来に不安を感じている

 ・ 人工股関節手術後、望んでいたほど股関節が回復していない。
   完全回復までにどれくらいの時間がかかるのか。
   自分に明るい未来がやってくるのだろうかと悩んでいる

 ・ 変形性股関節症とうまく付き合いながら何か社会に貢献したい。
   漠然と考えているものの、どうすればよいかわからない

こんなふうに感じてらっしゃる変形性股関節症の患者さん。

このような方には、このワークショップはピッタリだったりします。

今日は、ワークショップ開催直前の特集として、
 「明るい未来」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる
ということをテーマに、関連する記事をまとめてみました。

少しでも興味があれば、ご覧ください。

続きを読む

なぜ「変形性股関節症と仕事の両立」をテーマとしたワークショップを企画する必要があったのか?

なぜ「変形性股関節症と仕事の両立」をテーマとしたワークショップを企画する必要があったのか?

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

今日は、当協会がなぜ「変形性股関節症と仕事の両立」をテーマとしたワークショップを企画したのかについてお伝えしようと思います。

「このワークショップ、難しそう。。。」
「自分には関係ない世界の話だ。。。」
とお考えのあなたにこそ読んでいただきたいお話です。

ぜひご覧ください。

続きを読む

【実体験】変形性股関節症で本当に大切なのは「股関節のケア」と「継続的な運動」です

【実体験】変形性股関節症で本当に大切なのは「股関節のケア」と「継続的な運動」です

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の保存療法、手術療法、いずれの方法で治療を進めるにしても、本当に大切になってくるのが股関節の適切なケアと継続的な運動です

今日は、なぜ私がそのように確信するに至ったのか、私の実体験を通してお伝えします。
変形性股関節症で闘病中のあなたに、心から伝えたいメッセージです。

ぜひご覧ください。

続きを読む

「保存療法か手術か」迷ったときに考えたい”たった一つの問い”

「保存療法か手術か」迷ったときに考えたい”たった一つの問い”

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

協会にご相談いただく悩みで一番多い内容。
それが「保存療法か手術療法かで迷っています」というものです。

特に医者から変形性股関節症と診断され、
 「治療方法としては、手術しかない。」
といわれたケース。

途端に手術に対する恐怖心が出てきます。
そして、これからどうしようかと途方に暮れてしまうのです。

今日は、そんなふうに”保存療法が手術か”迷っているアナタへのアドバイスです。

続きを読む

変形性股関節症の「手術療法」についてまとめました

手術療法

※2018年4月11日、内容を全面的にリライトしました。

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

保存療法で十分な効果がでなかったとき、「手術」を検討する場合があります。
変形性股関節症の場合、手術療法は大きな治療法の一つ。

今日は、手術療法にどんなものがあるのかをまとめてみました。

続きを読む