手術療法

【まとめ】「保存療法か手術療法か?」を判断するための知恵がつまった記事5選

【まとめ】「保存療法か手術療法か?」を判断するための知恵がつまった記事5選

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「保存療法か手術療法か?」
これは、患者の今後の人生にとって本当に重要な選択です。

実はこのテーマ、これまでも当ブログで何度もお伝えしています。
ただ、それでも繰り返してお伝えする価値があるのも、このテーマです。

今日は「保存療法か手術療法か」の判断をするためのブログ記事をまとめてみました。

判断に少しでも迷われているアナタは、ぜひご一読下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】保存療法か手術か。この重要な判断をするときに絶対に考えてほしいことをお伝えします

股関節の痛みに悩む女性が押さえておくべき「股関節の痛みの原因」

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

股関節に違和感があり病院に行く。

医者から変形性股関節症と診断され、
「いずれ手術を検討した方がよいですが、しばらくは保存療法で様子を見ましょう。」
と言われる。

医師からの手術という言葉に大きなショックを受けつつ、言われるままに保存療法を開始。

いつ手術をするのか、それとも保存療法を継続するのか迷いながら不安な日々を過ごしていく。

これは

よくある変形性股関節症患者のケースです。

ただ、保存療法か手術かという重要な判断をする際、一つ考えてほしいことがあります。
今日は、どうしてもそのことをお伝えしたくて記事を書きました。

ぜひご覧下さい。

続きを読む

「変形性股関節症で悩むアナタためのブログ」の楽しみ方をお伝えします

「変形性股関節症で悩むアナタためのブログ」の楽しみ方をお伝えします

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

自分の経験をお伝えすることからスタートしたこのブログ。
2016年11月からスタートして今回で199本目となります。

最近は変形性股関節症に関連する最新情報や学会のレポート等もお伝えできるようになり、読んでいただく方もかなり増えてきております。
本当にありがとうございます。

そこで、本日はご縁があって「変形性股関節症で悩むアナタためのブログ」を読まれている方に、このブログの楽しみ方についてお伝えしたいと思います。

続きを読む

【ワークショップ直前特集】「明るい未来の展望」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる

【ワークショップ直前特集】「明るい未来の展望」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

いよいよ、今週末に「変形性股関節症と仕事の両立で悩むアナタのためのワークショップ」が開催されます。

実はこのワークショップ、”変形性股関節症と仕事”をテーマにしていますが、変形性股関節症に悩む全ての人にすごく役に立つんです。

例えば、
 ・ 股関節の痛みに耐えて仕事を続けるため、 保存療法か手術療法かで迷っている。
   ただ、どちらを選択したとしても先の見えない将来に不安を感じている

 ・ 人工股関節手術後、望んでいたほど股関節が回復していない。
   完全回復までにどれくらいの時間がかかるのか。
   自分に明るい未来がやってくるのだろうかと悩んでいる

 ・ 変形性股関節症とうまく付き合いながら何か社会に貢献したい。
   漠然と考えているものの、どうすればよいかわからない

こんなふうに感じてらっしゃる変形性股関節症の患者さん。

このような方には、このワークショップはピッタリだったりします。

今日は、ワークショップ開催直前の特集として、
 「明るい未来」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる
ということをテーマに、関連する記事をまとめてみました。

少しでも興味があれば、ご覧ください。

続きを読む