変形性股関節症と仕事の両立で悩むアナタのためのワークショップ

変形性股関節症と仕事の両立で悩むアナタへ

 ・ 最近、股関節の痛みがひどい。
   通勤や仕事にも支障がでており、変形性股関節症と向き合いながらの仕事は難しい

 ・ 股関節の痛みに耐えて仕事を続けるため、 保存療法か手術療法かで迷っている。
   ただ、どちらを選択したとしても先の見えない将来に不安を感じている

 ・ 変形性股関節症とうまく付き合いながら何か社会に貢献できる仕事をしたい。
   漠然と考えているものの、どうすればよいかわからない

 ・ 人工股関節手術後、望んでいたほど股関節が回復していない。
   完全回復までにどれくらいの時間がかかるのか。
   自分に明るい未来がやってくるのだろうかと悩んでいる

このワークショップは

そんなふうに、
 ・ 変形性股関節症と何とか折り合いをつけながら、これからも仕事をしていく必要がある
 ・ だけど、具体的にどのように進めていけばいいか、それがまだわからない

そんな人を対象に、「ビジョンストーリー」と呼ばれる手法を用いて、 「その人自身に最も合う働き方」を明確にし、「具体的で実際に動ける目標」に落とし込むためのものです。

このワークショップに参加すると

握手

あなたは、自分が変形性股関節症とうまく付き合いながら仕事をしている未来の姿を「ビジョンストーリー」という物語として描くことになります。
(上記のリンクは、ブログでビジョンストーリーについて書いた記事です。)

そうすることで、
 ・ 変形性股関節症とうまく付き合いながら仕事をする将来の姿を具体的にイメージできる
 ・ そのために、今の自分がどうすればよいのかが具体的に見えてくる
 ・ 結果、最初に取り組むべき具体的な第一歩が分かる
のです。

変形性股関節症になってしまったけど、仕事をしていかなければならない。
でも、どうすればいいのか、途方に暮れている。

そんなアナタがこのワークショップに参加することで、変形性股関節症とうまく付き合いながら仕事を楽しんでいけるようになるための全体像と道筋を明確に把握することができるようになるのです。

「行動を起こせるようになる」2つの理由

理由1.バックキャスティング型発想による体系だった方法論

バックキャスティング型発想による体系だった方法論

ワークショップでは、ビジョンストーリーを軸とする「バックキャスティング型」発想方法に基づいてワークを行います。

「バックキャスティング型」の発想方法とは、望ましい将来像を先に描き、そこから現状に引き戻してきてその実現策を検討する発想方法のこと。

現状の延長として未来を予想しようとする「フォーキャスティング型発想」の対極をなす考え方です。

世の中の大半の人は、フォーキャスティング型発想だけをしがちです。
「今がこうだから、この先はこうなるだろう」という現状延長型の発想で物事を捉えようとします。

結果として「変形性股関節症でこれまで通り働けない今の自分では、今後仕事を続けることすら難しいのではないか」という、現状ありきのものの考え方になってしまいます。

一方、「バックキャスティング型」の発想方法では、現状からいったん離れることにより、飛躍したものの考え方ができます。

つまり、変形性股関節症であることを前提として、その上で先入観なしに「自分がうまく変形性股関節症と付き合いながら仕事をしている未来の姿」を描くことができるのです。

変形性股関節症と向き合いながらうまく仕事をしている自分の未来の姿を思い描けたとき、人は実際に行動を起こせるようになります。

理由2.「ビジョンストーリーのプロ」×「変形性股関節症とうまく付き合い仕事をしている現役自営業者」による質の高い講義

メイン講師-井口 嘉則(いぐち よしのり)

年間150日、リピート率98%の実績。難しいことをやさしく指導できると評判の超人気講師

井口 嘉則

ビジョンストーリークラブの主催者であり、メインの担当講師でもある井口嘉則。

井口には、コンサルタントとして25年超の実績があります。

その中で、ビジョンストーリーを用いた企業経営改善など、実際の現場を多数経験。
ビジョンストーリーのワークショップや研修も多数手がけています。
その他の活動も含め、年間の講演や研修日数は、150日を超えるほどです。
中学生や高校生にもビジョンストーリーの手法を適用し、成果が挙がることを確認しています。

また、産業能率大学総合研究所をはじめとする数々の教育機関で教鞭をとった実績のある現役の講師です。
実際の現場のリアルな話をふんだんに盛り込んだ非常に分かりやすい講義と演習で、一度頼まれた講座は必ずリピートされるという受講者満足度の高い講師です。

個人向けにコーチングによる指導も行っています。

アドバイザー-井口 由紀子(いぐち ゆきこ)

井口由紀子

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事。本ブログの執筆者でもあります。

元変形性股関節症患者である井口由紀子は、「ビジョンストーリー」をフル活用することで「変形性股関節症とうまく付き合いながら仕事をしている」一人です。
変形性股関節症だけでなく、ビジョンストーリーについても非常に深い造詣を持っています。

今回は、アドバイザーとして参加いたします。

井口由紀子が実際に作成したビジョンストーリーは、こちらをご覧下さい。
【変形性股関節症と仕事】お客様の「感動体験」をストーリー化してみると迷いがなくなります
【変形性股関節症と仕事】ビジョンストーリーの例をもう一つお伝えします
【変形性股関節症と仕事】ビジョンストーリーの3つ目の例です

この2人によるワークショップだからこそ

参加した方は「実際に行動を起こせる」ようになるのです。

メイン講師、井口嘉則より

負けないで!変形性股関節症になることで得るものもきっとある!

思い切って何かを始めるとき、必要なのは目標を達成したときの姿を具体的にイメージすること。
うまくいったときの状態を映画やTVの映像のようにありありと想像できることです。

それがあれば「今の自分に足りないことは何か」「目標を達成するまでにどのように行動していけばよいのか」が明確になります。

何より、変形性股関節症という困難を乗り越えてうまく仕事と付き合うための実現意欲が湧いてきます

「思い立ったが吉日」。
一緒に、変形性股関節症とうまく付き合いながら仕事をしていく第一歩を踏み出してみませんか?

募集要項

日時 全4日間
2018年9月16日、9月30日、10月14日、10月28日(日)14:00-17:00
※最小催行人数 3名
※9月16日より開催中です!
場所 東京都武蔵野市
※詳細な住所は、お申込みいただいた方に個別にご連絡させていただきます。
費用 30,000円(税別)
※お申し込み後、上記金額一括での入金確認時点でお席が確定いたします。
内容 ビジョンストーリーを用いたワークショップ
キャンセル ポリシー お申込後のキャンセルにつきましては、以下の条件で費用が発生いたします。
ご了承の上お申し込みいただけますよう、よろしくお願いいたします。
・ 当日キャンセル=キャンセル料100%
・ 止むを得ない事情で出席できない場合は、別途課題にて対応いたします。

お申込みはコチラから

お名前 (必須)
電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
その他