著者プロフィール

井口由紀子

一般社団法人「変形性股関節症を正しく向き合う会」代表理事
井口 由紀子(いぐち ゆきこ)

2007年3月仕事で外出中に突然歩けなくなり、同年10月に変形性股関節症と診断される。股関節痛に耐えながら何とか仕事を続ける。

2010年11月に左側人工股関節全置換術の手術を受ける。入院中のリハビリは、毎日2時間とハードだったが、3週間後には、杖なしで退院。翌日には、仕事も家事も開始。

2012年2月には、右側人工股関節全置換術の手術を受ける。手術の翌日には、リハビリ用平行棒も使わずに通常歩行が可能に。病院でも異例の早さの回復ぶりを見せる。退院後は、直ぐに仕事に復帰。

2007年の発症から5年間の闘病経験から、2012年6月に一般社団法人変形性股関節症と正しく向き合う会を設立し、代表理事に就任。

著書に、Amazonランキング7部門1位の書籍「変形性股関節症は自分で治すな!!」がある。

詳しくはこちらも併せてご覧ください。

【第1章】大学卒業後⇒シカゴで自分探し編

【第2章】②仕事と子育ての両立編

【第3章】起業から現在編

SNSでもご購読できます。