2021年 8月 の投稿一覧

元患者の実体験から導かれた”変形性股関節症の闘病をうまく進めるための4つのポイント”

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病は、長期間に渡る治療が必須となります。
また、うまく対処を進めていかなければ日常生活に大きな支障がでてしまいます。

私は、自分自身の6年間に渡る闘病経験と協会でサポートする患者さんの様子を通じて、4つのポイントを押さえることが重要であることを実感しました。

今日は、変形性股関節症の闘病をうまく進めるための”4つのポイント”をお伝えします。
変形性股関節症に悩む全ての方にご覧いただきたい内容です。

続きを読む

変形性股関節症の闘病生活で落ち込みがちな気持ちは「笑う」ことで吹き飛ばそう

         【ワークショップ直前特集】「明るい未来の展望」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症は、長期に渡る闘病が必要となる病気です。
また、病状が進行していくと、股関節の痛みにより日常生活をこれまで通りに送ることが難しくなっていきます。

そんな闘病生活では、気分がふさぎ込みがちになることも多いでしょう。
実際、私もそうでした。

そんな中、私は何とか気分を立て直したいと試行錯誤を行いました。
結果、「笑う」ことが非常に効果があることを実感しました。

今日は、闘病で落ち込みがちな気持ちを「笑う」ことで立て直すために役立つお話です。
これまでの記事から、「笑い」の効果についてお伝えした記事をまとめました。

変形性股関節症の患者さん全てにご覧いただきたい内容です。

続きを読む

【変形性股関節症】闘病と仕事を両立したい患者にとって”起業”はよい選択肢となります

         【変形性股関節症】季節の変わり目は日常生活を見直すよいタイミングです

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症になると、これまで通りに仕事をこなすことが難しくなります。
特に末期には、ひどい股関節痛でそもそも仕事を続けることさえできなくなるかもしれません。

そのため、仕事をしながら闘病を送る変形性股関節症患者にとって、仕事をどうするかを考えることは避けて通れない問題となります。

ところが、実際に闘病と仕事の両立を考え始めると大変です。

そういうとき、一つの選択肢として有効なのが、”起業”をすることです。
なぜなら、起業によって変形性股関節症の闘病と仕事を両立する形を実現できるためです。

今日は、変形性股関節症の患者であるアナタが起業を考える際の流れについて、8ステップでお伝えします。

起業が選択肢となる患者さんは、ぜひ参考にして下さい。

続きを読む

実際に使ってよいと感じた”変形性股関節症の闘病生活で役立つ5つのグッズ”

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症になると、日常生活をこれまで通りに送ることが難しくなります。

特に病状が進み進行期の後期や末期になると、ひどくなる股関節の痛みによって動作一つとっても満足に行えなくなります。

そんな状況では、使えるものは何でも使わなければ立ちゆきません。

今日は、私の闘病生活で実際に使ってみて”本当によい”と感じたグッズを5つ紹介いたします。
どれも、私にとって欠かせないグッズだったものです。

ぜひご覧下さい。

続きを読む

変形性股関節症の患者がリハビリを成功させるためのヒントとなる8記事

         変形性股関節症で股関節痛に悩んでいるなら「笑って」「希望」を持とう

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために最も重要なこと。
その一つが、リハビリであることは論を待ちません。

ただ、リハビリの現状は、国の医療費削減による影響を受け、どんどん手薄になっています。
では、このような状況下で、どうすればリハビリを成功させることができるのか。

今日は、変形性股関節症の患者がリハビリを成功させるためのヒントとなる8つの記事をピックアップしました。

どれも重要な内容ですので、ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症】やはり「股関節の運動と股関節ケアの両輪」は病気克服の根幹となる考え方です

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

協会で変形性股関節症の患者さんのサポートを始めて、かなりの期間が過ぎました。
たくさんの変形性股関節症の患者さんと接する中で、病状が改善し、やりたかった夢を叶える方もでてきました。

そんな患者さんたちのことを徒然と考える中で強く思ったのが「股関節の運動と股関節ケアの両輪」の重要性。

やはり、この両輪を継続することこそが、変形性股関節症克服のキモとなります。

ただ、実際にこの考え方が腑に落ちている患者さんは非常に少ないのが現実です。
そこで今日は、もう一度この「股関節の運動と股関節ケアの両輪」についてお伝えします。

知らない方はもちろん、「もう知っている」という方も気持ちを新たにするきっかけとして、ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】”立秋”という季節の変わり目は日常生活を見直すよい機会です

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

今年は8月7日が立秋。
暦の上ではもう秋です。

変形性股関節症の患者さんにとっては、日常生活の過ごし方を見直すのにとてもよいタイミングだと思います。

そこで今日は、日常生活を見直すヒントになる5つの記事をまとめました。
ぜひご覧いただき、よいと思うものがあれば取り入れて下さい。

続きを読む

人工股関節手術を行った患者さんが知っておくべき「人工股関節再置換術の基礎知識」

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するための有効な方法である、人工股関節手術。
実際に人工股関節手術を行った患者さんも多いかと思います。

ただ、協会で相談を受ける中で、私には一つの懸念があります。
それは「人工股関節手術を行った患者さんは、人工股関節の再置換手術についてもっと知っておくべきだ」ということです。

今回は、人工股関節再置換術の基礎知識がテーマです。
人工股関節手術を行った変形性股関節症の患者さんは、ぜひご覧下さい。

続きを読む

「変形性股関節症の患者が仕事とどう向き合えばよいか」という問いへの5つのヒント

         少し、ブログ執筆者「井口由紀子」のお話をしてみます~【仕事と子育ての両立に悩む】

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症になると、仕事と闘病をどう両立するかが大きな悩みとなります。
私自身もそうでしたし、協会でサポートしている患者さんからも同じ悩みを相談されます。

特に、股関節の痛みがひどくなる末期。

これまで通りに日常生活送ることが難しくなる中、どう仕事と向き合っていけばよいか。
患者にとっては、本当に大きな悩みです。

今日は、患者が仕事とどう向き合えばよいかについて、5つのヒントをまとめました。
ぜひご覧いただき、早い段階から仕事と闘病の両立について考えて下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】股関節ケアには”メディカル・アロマケア”をおススメします

         「将来への希望」は股関節の痛みをやわらげるための”いい薬”になる

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の克服には、患者自身の股関節の状態に合うリハビリ運動と股関節ケアを両輪で継続することが重要です。

これは、私自身の実体験と協会でサポートする患者さんの結果から確信を持って言えるのですが、現状ではまだまだ十分に伝わってはいないと感じます。

特に股関節ケアについては、リハビリ運動と両輪をなす重要なものになるのですが、こちらは本当に軽視されやすいです。

やはり、リハビリ運動と比較して具体的にイメージしにくいせいかもしれません。

そこで今回は、股関節ケアの具体的な手法「メディカル・アロマケア」についてお伝えします。
ぜひご覧ください。

続きを読む