2022年 7月 の投稿一覧

変形性股関節症を克服したいなら「股関節の運動と股関節ケアの両輪の継続」がキモです

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

患者さんであれば、皆さん変形性股関節症を克服したいと切望していると思います。
そのような患者さんにぜひ強く意識していただきたいのが「リハビリ運動と股関節ケアの両輪の継続」という考え方。

これは、私自身が変形性股関節症を克服した経験だけでなく、協会でサポートする患者さんの状況からみても自信を持って言えることです。

ただ、現実にはこの考え方が腑に落ちた上で行動に移すことができている患者さんは非常に少ないのが現実です。

そこで今日は「股関節の運動と股関節ケアの両輪」についてお伝えします。
ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症】気分の落ち込みを何とかしたい。それなら無理にでも「笑い」ましょう

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私が変形性股関節症の闘病中、キツイと感じたことはたくさんありました。
中でもつらかったのが、前向きな気持ちを持てないことでした。

ひどい股関節の痛みで日常生活もままならない。
家族や周りの人に迷惑をかけながら、申し訳ない気持ちを抱えての生活。
さらに、これから先どうしたらいいのかも見通せず、希望も持てない。

こんな生活では、当然ですが前向きな気持ちを持つことはできませんでした。

「このままではいけない」

そう感じた私が前向きになるために試行錯誤した結果、行きついた答えが「笑う」こと。
闘病経験を通じて、私は「笑うこと」が本当に効果的であることを実感しました。

ツラくても、無理にでも笑う。
つらい時こそ笑う。
そうすることで、私自身が本当に救われました。

今日は、闘病で落ち込みがちな気持ちを「笑う」ことで立て直すために役立つお話です。
ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】患者が最低限知っておくべき「手術と保存療法」の話

         【皆さまへのお願い】変形性股関節症の患者さんの悩みを少しでも軽くするために!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の治療には、大きく2つの方向があります。
それが、人工股関節手術と保存療法です。

手術か保存療法か、その判断は患者自身の今後の人生の質を大きく変えるものとなりますが、それ故に、患者は手術と保存療法について最低限の情報を知っておく必要があります。

今日は、患者が最低限知っておくべき「手術と保存療法」に関する内容をまとめました。
この記事の内容をきちんと理解して、アナタの闘病にお役立て下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】非常に効果的な股関節ケアの手法「メディカル・アロマケア」の話

         股関節ケアを効果的に行うにはメディカル・アロママッサージがおススメ!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病のキモは、リハビリです。
そして、リハビリ運動と同じくらい重要なのが「リハビリ後の股関節周辺の筋肉のケア」です。

このことは、これまで「股関節の運動と股関節ケアの両輪」として繰り返しお伝えしていますが、患者の状態にピッタリ合うリハビリ運動の後、適切な股関節ケアを行うことを継続すれば、変形性股関節症を克服できる可能性が非常に大きくなります。

今日は、この両輪の一つである「股関節ケア」についてのお話です。
股関節ケアの具体的、効果的な手法である「メディカル・アロマケア」についてお伝えします。

ぜひご覧下さい。

続きを読む