【変形性股関節症グッズ】私が履いている”靴”の話

【変形性股関節症グッズ】私が履いている”靴”の話

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

最近よく相談されるのが、靴について。

「入院中のリハビリはどんな靴を履けばいいでしょうか?」
「変形性股関節症の患者にいい靴はどんなものなのでしょうか?」
などといった質問です。

私は靴の専門家ではないので、このような質問に対しては自分の経験をお伝えしています。

今日は、変形性股関節症の元患者である私の”靴”のお話をしようと思います。
「どんな靴がいいんだろう?」と悩んだことのある方の参考になれば幸いです。

メディカル・アロママッサージ

入院中のリハビリで使用していたトレーニングシューズ

入院中のリハビリでは、私は皮革製のウォーキングシューズを利用していました。

2010年11月、人工股関節手術前に購入した皮革製のシューズです。
本当に丈夫で8年間も使用していました。(残念ながら写真掲載無し)

当時のリハビリの先生も偶然に私と同じ靴を履いていて、
 「この靴は、リハビリにはすごくいいと思うよ。」
とおっしゃっていたことを覚えています。

この靴には

ひもとファスナーの両方がついています。

靴を履くときはひもを使います。
まずはひもをしっかりと縛り、足と靴のかかとをしっかりと合わせるのです。
かかとがフィットして初めてシューズとの一体感が生まれます。

靴を脱ぐときは、ファスナーを使います。
ファスナーは楽に靴が脱げるので、本当に重宝しました。

この靴は非常に私に合っており、一回のトラブルもなく8年間履くことができました。
本当に履きやすい靴でした。

つい先日、新しいトレーニングシューズを購入しました

今回は、皮革製ではなく運動靴にしました。
なぜなら、最近のトレーニングは室内で行っているためです。

代わりに、外出用のウォーキングシューズは皮革製にすることにしました。

仕事で履く機会も多いため、非常に重宝しています。

ちなみに、今回購入した靴も、両方ともひもとファスナーがついているタイプです。
非常に履きやすく、満足しております。勿論、足の計測は、おこなっております。

一つ気を付けていただきたいのが

私に合っている靴が、あなたに必ず合うとは限らないということ。
毎日履く靴選びは実際に試してみて、ピッタリ合うと思うものにされるとよいと思います。

今日は私の靴についてのお話をさせていただきましたが、これを機会に靴についてもっと勉強しようと思いました。

この記事が少しでもお役に立てば嬉しいです。

「股関節の痛みがひどい」とお悩みの方へ

変形性股関節症に悩む人にとって本当にツライ股関節痛を少しでも軽くしたいならメディカル・アロマ・マッサージが役立ちます。


詳しく見てみる

SNSでもご購読できます。