【すぐできる】股関節のリハビリ体操「椅子に座って行う体操その1」

【すぐできる】股関節のリハビリ体操「椅子に座って行う体操その1」

こんにちは。
変形性股関節症と正しく向き合う会代表理事の井口です。

今日から6回に分けて、私が実際におこなったリハビリ体操をご紹介しようと思います。

11.保存療法”、”「変形性股関節症のリハビリ」って実はすごく楽しいです!”などのリハビリ関連記事でもお伝えした通り、このリハビリ体操は、人工股関節手術からの早期回復や股関節の痛みを緩和するためにお医者さんや専門家の知恵を借りながら、私自身が試してみて、実際に効果があった運動です。

ぜひ、地道にコツコツとあきらめずに続けてみてください。

「椅子に座ってできる」股関節リハビリ体操その1

「椅子に座ってできる」股関節リハビリ体操その1

方法

  1. 椅子に浅く腰掛けます。
  2. 膝を交互にできるだけ高く上げましょう。
    この際、反対側の足は、床を踏みつけるようにしてください。

目標回数は、人それぞれ違いますので、50回ぐらい目標に少しずつ回数を増やしながらおこなって下さい。

注意

  1.  後ろに反りすぎないようにしてください。
  2.  股関節の状態が悪いと感じたなら、直ぐに中止してください。
  3.  上記のような運動する際に、必ず医師や専門家に相談してからおこなってください。
  4.  トレーニングの種類や回数についても相談してからおこなってください。

【無料】変形性股関節症に悩むアナタのための「お役立ち特別コンテンツ」

変形性股関節症の元患者である井口が 当時本当に知りたかった情報や欲しかったノウハウ、参加したかったコミュニティなど、 全部まとめて、しかも無料で利用できるようにしました。


こちらから当ブログの読者登録をして、ぜひご活用ください。


読者登録して無料お役立ちコンテンツを読む

SNSでもご購読できます。