【最近思うこと】「自分の感覚」を大事にすると自信をもって判断できる

【最近思うこと】「自分の感覚」を大事にすると自信をもって判断できる

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

今日は、最近思うことを徒然と書いてみようと思います。

私がパーソナルトレーニングを受けはじめてから

今年で丸6年。
もう7年目に入っています。

そこで最近感じるのが、パーソナルトレーナーが発する言葉を「体全体の感覚」として自然に受け止められるようになってきたこと。

頭で考えるのではなく、指導内容が「体で実感」できるようになってきたのです。
トレーニングに関しては、自分の感覚がかなり鋭く研ぎ澄まされてきたように思います。

そして、この「実感」ができ始めたころから、飛躍的に結果も出てきました。

実際、今では下肢の筋力は大きく向上し、30キロの重さを持ちながらスクワット10回を3セット。
合計回数、30回まで出来るようになっています。
そこまでのハードなトレーニングを行っても、翌日に筋肉痛が出ることはありません。

このように結果を出せたのは

外部の情報に振り回されることなく「自分の感覚」を非常に大事にしてきたことが一番の要因だと思います。

つまり、自分がよいと感じたパーソナルトレーナーのいうことを、まずは信じてやってみる。
その間、パーソナルトレーナーの指導方法が自分に合っているかどうかを常に自問自答する。
自分に合っていると心から思うことができれば、とにかく継続する。
そうでなければ、別の自分に合う方法を探す。

そんなふうに「自分の感覚」を大切にしたことがよかったのでしょう。

一方で

よくいらっしゃるのが「外部の情報に踊らされて」結局は何も得られない人。

例えば、あのパーソナルトレーナーがいいと聞けば、飛びつく。
1回2回通っただけで、その良しあしも判断できないうちに、別のパーソナルトレーナーの話を聞いたらそっちにも飛びつく。

そこには「自分の感覚」に基づく判断はなく、「自分以外の人がよいと言っていた」という外部情報による判断しかありません。

そういう人は、結局は外部の情報を受けてパーソナルトレーナーを渡り歩き、最終的に時間が過ぎただけで何も得られない、という状態になりがちです。

ぜひ「自分の感覚」を大事にしてあげてください

そのために、外部の情報だけに振り回されるのではなく、ある一定期間、最低、半年間ぐらいは、ご自身の選択された方法を続けてみてください

その積み重ねは、きっと研ぎ澄まされた「自分の感覚」を作ります。
その「自分の感覚」は、そのやり方を続けるのがいいか、そうでないか、そのような判断を自信をもって行う大きな助けとなります。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

【無料】変形性股関節症に悩むアナタのための「お役立ち特別コンテンツ」

変形性股関節症の元患者である井口が 当時本当に知りたかった情報や欲しかったノウハウ、参加したかったコミュニティなど、 全部まとめて、しかも無料で利用できるようにしました。


こちらから当ブログの読者登録をして、ぜひご活用ください。


読者登録して無料お役立ちコンテンツを読む

SNSでもご購読できます。