変形性股関節症との向き合い方

変形性股関節症と正面から向き合うためのヒント10記事

         まずは小さく始めよう!変形性股関節症のあなたにおススメする「起業」の鉄則

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の特徴の一つに、長期間に渡って闘病生活が続く、ということがあります。
それこそ生涯付き合っていくことも前提にする必要があります。

そこで重要になるのが、変形性股関節症との向き合い方。
日々の大変な生活も、変形性股関節症とうまく向き合うことで少しでも楽にしたいものです。

今日は、変形性股関節症との向き合い方についてまとめてみました。
ぜひご覧いただき、日常生活に取り入れてみて下さい。

続きを読む

何度でもお伝えします。股関節ケアといえばメディカル・アロマケアが最適です

         無料ノウハウ資料「股関節のためのアロマ浴」

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症によるツラい股関節痛の根本対処には、股関節周辺の筋肉強化のためのリハビリ運動と股関節ケアを両輪で継続することが非常に重要です。

このことについて、私はこれまで何度も口を酸っぱくしてお伝えしてきました。
ただ、現状ではまだまだ十分に伝わってはいないと感じます。

特に軽視されやすいのが股関節ケア。
これは、リハビリ運動と比較して具体的にイメージしにくいのが一つの理由であると感じます。

そこで今日は、股関節ケアの最適解の一つ、メディカル・アロマケアについてお伝えします。
ぜひご覧ください。

続きを読む

毎日の入浴は、リハビリ運動に効果的!

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

ここのところ急に寒くなって体に堪えませんか?

やはり毎日の疲れを取るためには、毎晩の入浴が欠かせません。

私は、睡眠時間が少なくなってしまうときを除いて出来る限り毎晩入浴するようにしています。
入浴の際は必ずラベンダー精油を数滴入れて、心も体もリラックスするようにしています。

続きを読む

私にとっての股関節とは何かを考える

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

股関節は体の要です

少しでも調子が悪いと体全体に影響を及ぼします。

人工股関節手術後の私も、日々体の声を聞きながらよい状態を保つよう気を配っています。
それだけ、股関節の悩みは奥が深く、永遠のテーマかもしれません。

続きを読む

変形性股関節症患者にとってのインプットとアウトプットの重要性

         何かを始める時には、まっさらな気持ちで!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

インプットとアウトプット

アナタも、これらの言葉をご存知だと思います。

インプットは脳に知識や情報を受け取ること、「読む・見る・聞く」などの行動です。
アウトプットは外へ情報を発信すること、「話す・書く」などの行動になります。

続きを読む

変形性股関節症患者にとって寒さに強い体を作るための3つのポイント

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

ここのところ急に寒くなりましたが、股関節の方はいかがでしょうか?
いつも元気な私も、最近のこの寒さには、少々堪えています。

そこで大事になるのが「寒冷順化」という考え方です。
寒冷順化とは「寒さに強い体を作る」ということなのですが、今日はそのために具体的には何をしたらよいのかについて、3つのポイントをお伝えしたいと思います。

ぜひご覧下さい。

続きを読む

変形性股関節症の闘病の基本は「股関節の運動と股関節ケアの両輪」です

         どちらも欠かせない!変形性股関節症には股関節の筋肉強化とケアの両輪が大切

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

今年も、協会の活動を通じてたくさんの変形性股関節症の患者さんを見てきました。
その中で何度も実感したのが、変形性股関節症を克服するための基本です。き

それは、私が常々お伝えしている「股関節の運動と股関節ケアの両輪」。
ただ、この基本的な考え方は非常に大事であるにも関わらずまだまだ伝わっていません。

そこで今日は「股関節の運動と股関節ケアの両輪」についてまとめてみました。
ぜひご覧下さい。

続きを読む

セカンドオピニオン、サードオピニオンを利用していますか?

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

今から13年前

変形性股関節症と初めて診断された私は、目の前が真っ暗になりました。
そのことは、今でも鮮明に覚えています。

当時、私は自宅近くの整形外科でレントゲン撮影を行った際、その場で変形性股関節症と診断されました。

そのときの医師からは「仕事は辞めなさい。歩くのは止めて、できるだけ自転車を使いなさい。」と言われました。

続きを読む

脳と心と体の関係を知ることの重要性について

         今年中にもう一度どうしても伝えたい「股関節の運動と股関節ケアの両輪」の話

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私の闘病経験や協会で相談を受ける患者さんの様子から

体の状態というのは、脳の活動や心の動きと密接な関係があることを実感しております。

変形性股関節症の患者さんの多くは股関節のことだけを気にしているかもしれません。
ただ、実は他の部分の影響も非常に大きいことをこの記事を通じて理解してほしいと思います。

続きを読む