変形性股関節症との向き合い方

【変形性股関節症】病状がひどくない初期~進行期の患者さんこそ協会に個別相談してみませんか

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

最近、変形性股関節症の患者さんの相談が非常に増えてきました。
内容はそれぞれの患者さんで違うのですが、主に進行期~末期の方が多いです。

その中で

皆さんが共通して悩んでいる問題として、次の4つがあります。

1.どのような運動をしたらよいのか分からない。
2.日常生活においてどのような点に気をつけたら手術をしなくてすむのか?
3.現在、就いている仕事を続けていくためにどのようなことに注意すればよいのか?
4.近い将来、本当に手術をしなければならないのか?

続きを読む

【変形性股関節症】協会ブログ、まず最初に読み込んで欲しい8記事

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

前回、協会へ個別相談を希望される方へのお願いをさせていただきました。
その中で、相談前にぜひブログを読み込んで下さい、というお話もいたしました。

とはいえ、2021年9月13日現在で公開している記事数は541にもなります。
数が多いので、どの記事を読めばよいか迷う方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今日は、ブログを読み込む際にまずご覧いただきたい記事を8つまとめました。

続きを読む

【変形性股関節症】協会への個別相談を希望する患者さんへのお願い

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

最近、患者さんから個別相談を受けることが増えています。
ただ、相談を受ける中で一つ気になることが出てきました。

それを踏まえ、今回は個別相談に関する協会からのお願いをお伝えします。
相談をご希望される方は、相談前にぜひご一読下さい。

続きを読む

変形性股関節症を克服するために欠かせない”股関節ケア”の最適解「メディカル・アロマケア」

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために重要なこと。
それは、”リハビリ運動と股関節ケアの両輪”を継続することです。

ただ、このポイントはブログ上でも何度もお伝えしてきたところですが、現状ではまだ十分に伝わってはいないと感じています。

特に、股関節ケア。
リハビリ運動と比べると具体的なイメージをしにくいためか、軽視されやすいことが多いです。

そこで今日は、”股関節ケア”を具体的に行うための最適解「メディカル・アロマケア」についてお伝えします。

続きを読む

元患者の実体験から導かれた”変形性股関節症の闘病をうまく進めるための4つのポイント”

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病は、長期間に渡る治療が必須となります。
また、うまく対処を進めていかなければ日常生活に大きな支障がでてしまいます。

私は、自分自身の6年間に渡る闘病経験と協会でサポートする患者さんの様子を通じて、4つのポイントを押さえることが重要であることを実感しました。

今日は、変形性股関節症の闘病をうまく進めるための”4つのポイント”をお伝えします。
変形性股関節症に悩む全ての方にご覧いただきたい内容です。

続きを読む

変形性股関節症の闘病生活で落ち込みがちな気持ちは「笑う」ことで吹き飛ばそう

         【ワークショップ直前特集】「明るい未来の展望」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症は、長期に渡る闘病が必要となる病気です。
また、病状が進行していくと、股関節の痛みにより日常生活をこれまで通りに送ることが難しくなっていきます。

そんな闘病生活では、気分がふさぎ込みがちになることも多いでしょう。
実際、私もそうでした。

そんな中、私は何とか気分を立て直したいと試行錯誤を行いました。
結果、「笑う」ことが非常に効果があることを実感しました。

今日は、闘病で落ち込みがちな気持ちを「笑う」ことで立て直すために役立つお話です。
これまでの記事から、「笑い」の効果についてお伝えした記事をまとめました。

変形性股関節症の患者さん全てにご覧いただきたい内容です。

続きを読む

【変形性股関節症】やはり「股関節の運動と股関節ケアの両輪」は病気克服の根幹となる考え方です

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

協会で変形性股関節症の患者さんのサポートを始めて、かなりの期間が過ぎました。
たくさんの変形性股関節症の患者さんと接する中で、病状が改善し、やりたかった夢を叶える方もでてきました。

そんな患者さんたちのことを徒然と考える中で強く思ったのが「股関節の運動と股関節ケアの両輪」の重要性。

やはり、この両輪を継続することこそが、変形性股関節症克服のキモとなります。

ただ、実際にこの考え方が腑に落ちている患者さんは非常に少ないのが現実です。
そこで今日は、もう一度この「股関節の運動と股関節ケアの両輪」についてお伝えします。

知らない方はもちろん、「もう知っている」という方も気持ちを新たにするきっかけとして、ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】股関節ケアには”メディカル・アロマケア”をおススメします

         「将来への希望」は股関節の痛みをやわらげるための”いい薬”になる

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の克服には、患者自身の股関節の状態に合うリハビリ運動と股関節ケアを両輪で継続することが重要です。

これは、私自身の実体験と協会でサポートする患者さんの結果から確信を持って言えるのですが、現状ではまだまだ十分に伝わってはいないと感じます。

特に股関節ケアについては、リハビリ運動と両輪をなす重要なものになるのですが、こちらは本当に軽視されやすいです。

やはり、リハビリ運動と比較して具体的にイメージしにくいせいかもしれません。

そこで今回は、股関節ケアの具体的な手法「メディカル・アロマケア」についてお伝えします。
ぜひご覧ください。

続きを読む

【元患者の実体験】「適切なリハビリ運動と股関節ケア」の継続で変形性股関節症を克服した話

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私が協会で受ける相談を通じて、感じることがあります。
それは、変形性股関節症に悩む患者さんは、同病を克服した経験談を聞くことで不安な気持ちが軽くなるということです。

私もそうでしたが、変形性股関節症を克服したという事実を目の当たりにすると、前向きな希望を感じることができるのです。

今日は、変形性股関節症の患者さんに向けて、私自身の実体験をお伝えします。

「適切なリハビリ運動と股関節ケア」を継続することで、変形性股関節症を克服し、現在では同年齢の健常者と同じレベルの筋力に回復、日常生活も不自由なく過ごせているというお話です。

ぜひご覧下さい。

続きを読む