変形性股関節症との向き合い方

【変形性股関節症】「病状がよくならない」と嘆く患者が取りがちな行動4パターン

         【変形性股関節症と仕事】大元に立ち返る!手術で長期間仕事を休まざるを得ない場合に考えるべき2つのコト

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんの願い。
それは、病気を克服して以前のような日常を取り戻したいということだと思います。

ただ、現実には病気を克服できる人とできない人が存在します。
この違いは何なのでしょうか。

この点について、これまで協会の活動を通じて接してきた患者さんの様子から、私なりに見えてきたことがあります。

今回は”「病状がよくならない」と嘆く患者が取りがちな行動4パターン”と題して、その内容をシェアしようと思います。

続きを読む

【変形性股関節症】「自分の病状を正しく知ること」は病気克服の重要な第一歩です

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために本当に重要となる第一歩が「自分の病状を正しく知ること」。
なぜなら、病状が正確に把握できていないと、闘病方針を見誤るためです。

ただ、協会で相談を受ける中で感じるのは、自分の病状をきちんと把握できている患者さんがほとんどいない、ということです。

結果として、手術か保存療法かといった大きな闘病方針の決断で悩み抜いたり、治療を進めても病状が全く改善しないという事態に直面するケースが頻発します。

そこで今日は「自分の病状を正しく知る」ためのヒントをお伝えします。
非常に重要な内容なので、ぜひ熟読してください。

続きを読む

【変形性股関節症】たった3年で「登山やスキーを再開できた!」リハビリと股関節ケアの継続で夢を実現した患者さんの話

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために絶対に欠かせないのが「適切なリハビリ運動と股関節ケアの両輪」を継続すること。

これは本当に大事な考え方であるため、協会では、ブログを通じて何度もその内容や重要性をお伝えするだけでなく、数年前からは、この考え方に基づき実際に患者さんをサポートをするためのリハビリプログラムを提供しています。

そして現在では

最初に協会にお越しになったときには、変形性股関節症のために日常生活もままならなかった何人もの患者さんが、諦めていた「やりたいこと」を実現できるようになっています。

今回、「たった3年で実際に結果を出すことができた」患者さんにお話を伺うことができましたので、その内容を一問一答でお伝えします。

「適切なリハビリ運動と股関節ケアの両輪」を継続するときちんと”結果”につながるという一つの事例として、ぜひご覧ください。

続きを読む

変形性股関節症克服に欠かせない「適切な股関節ケア」の効果的なやり方、教えます

         股関節ケアを効果的に行うにはメディカル・アロママッサージがおススメ!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服したいのであれば、「適切なリハビリ運動」に加えて「適切な股関節ケア」を行うことが非常に重要となります。

ただ、これまで協会を通じてたくさんの患者さんと接する中で分かったのが「適切な股関節ケア」の必要性や効果的な手法について、あまり理解されていないということです。

そこで今回は「適切な股関節ケア」の必要性と効果的なやり方についてお話します。
患者さんにとっては、本当に重要な内容となります。

ぜひご覧ください。

続きを読む

寒さから来る股関節の痛みを軽くするために効果的な5つの食材

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

すっかり秋の様相ですね。
朝晩冷え込んでくると、股関節の痛みが気になる患者さんも多いのではないでしょうか。

寒さから来る股関節の痛みを軽くするには、この記事でお伝えしたように上手に温めることが有効ですが、食べ物を変えることで対処することも一案です。

今日は、股関節の痛みを軽くするための食べ物についてお話しようと思います。

日常の食卓に取り入れることのできる食べ物があれば、まずはできる範囲で日常の食卓に取り入れてみて下さいね。

続きを読む

【変形性股関節症】病気克服のために意識すべき3つのコトをお伝えします【私の克服経験から得た知恵】

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服したい。
それは、全ての患者さんの願いだと思います。

変形性股関節症を克服するためには秘訣があります。
それは、次の3つの内容を深く意識する、ということです。

今回は、私自身の闘病経験と、協会で接する患者さんの様子から得た知恵をお伝えします。
ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】術後、思い描く生活を送りたいなら”自立型リハビリ+股関節ケア”の継続が必須です

         今年中にもう一度どうしても伝えたい「股関節の運動と股関節ケアの両輪」の話

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「人工股関節手術で、あのひどい股関節痛から解放される!」

そう思って手術したのに、まだ股関節の痛みがある。
調子が悪い。こんなことなら手術をしなければよかった。

協会を通じて変形性股関節症の患者さんの相談を受ける中で、しばしば耳にする内容です。

実はこの悩みは

大多数が術後のリハビリに問題があるために起こります。

続きを読む

【変形性股関節症】股関節ケアを効果的に行いたいなら”メディカル・アロマケア”が絶対おススメです

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病のキモは、適切なリハビリ運動を行うこと。
そして、リハビリ運動と対をなす変形性股関節症克服のキモが、運動後に股関節周辺の筋肉のケアを行うこと。

この「リハビリ運動と股関節ケアの両輪」という考え方について、私はこれまでブログで何度もお伝えしてきました。

最近、ほんの少しずつではあるものの、この考え方に共感して下さる方が増えてきたことを感じております。

そこで聞かれることが増えたのが「股関節ケアって具体的にどんなことをすればいいのですか?」ということ。

これは、実際に股関節ケアに取り組もうと考える患者さんが一度は持つ疑問です。
そこで今回は、股関節ケアの具体的な手法として非常に効果的な「メディカル・アロマケア」についてお話します。

続きを読む

変形性股関節症を克服したいなら「股関節の運動と股関節ケアの両輪の継続」がキモです

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

患者さんであれば、皆さん変形性股関節症を克服したいと切望していると思います。
そのような患者さんにぜひ強く意識していただきたいのが「リハビリ運動と股関節ケアの両輪の継続」という考え方。

これは、私自身が変形性股関節症を克服した経験だけでなく、協会でサポートする患者さんの状況からみても自信を持って言えることです。

ただ、現実にはこの考え方が腑に落ちた上で行動に移すことができている患者さんは非常に少ないのが現実です。

そこで今日は「股関節の運動と股関節ケアの両輪」についてお伝えします。
ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症】気分の落ち込みを何とかしたい。それなら無理にでも「笑い」ましょう

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私が変形性股関節症の闘病中、キツイと感じたことはたくさんありました。
中でもつらかったのが、前向きな気持ちを持てないことでした。

ひどい股関節の痛みで日常生活もままならない。
家族や周りの人に迷惑をかけながら、申し訳ない気持ちを抱えての生活。
さらに、これから先どうしたらいいのかも見通せず、希望も持てない。

こんな生活では、当然ですが前向きな気持ちを持つことはできませんでした。

「このままではいけない」

そう感じた私が前向きになるために試行錯誤した結果、行きついた答えが「笑う」こと。
闘病経験を通じて、私は「笑うこと」が本当に効果的であることを実感しました。

ツラくても、無理にでも笑う。
つらい時こそ笑う。
そうすることで、私自身が本当に救われました。

今日は、闘病で落ち込みがちな気持ちを「笑う」ことで立て直すために役立つお話です。
ぜひご覧下さい。

続きを読む