忘れがちだけど大事!変形性股関節症のリハビリでは”動き方の癖”改善を意識する

忘れがちだけど大事!変形性股関節症のリハビリでは”動き方の癖”改善を意識する

変形性股関節症と正しく向き合う会代表理事の井口です。

変形性股関節症のリハビリ。

リハビリは、
 ・ 通常の生活ができる状態まで回復する
 ・ 人工股関節の動きを再学習、再獲得する
という大きく2つの目的を達成するためのものですが、この中で、意外とハードルが高いのが、股関節の痛みなどをカバーするためについてしまった”動き方の癖”を直すこと

手術をすると股関節の痛みがなくなるのですが、自分の体は手術前の体の使い方(動き方)を記憶しているため、それが癖として残ってしまうのです。

今日は、そんな”癖”を直すための取り組みについて書いた記事をまとめてみました。
ご自分の癖を改善したい方は、ぜひご覧下さい。

癖を直すヒント

「変形性股関節症のリハビリ」って実はすごく楽しいです!

この記事では、術前・入院中・退院後のリハビリの目的や内容をまとめてあります。
特に、入院中・退院後のお話は、癖を直すためのヒントがたくさんあります。

ぜひ参考にしてください。

私の実体験

私の癖は、左側の股関節が悪かったせいで、体を左側にゆらして歩くことでした。
この癖が原因で、変形性股関節症の進行期~末期にかけては、股関節の外側が非常に痛くなりました。

詳細と対処はをまとめた記事はこちらです。

変形性股関節症末期。股関節の外側が痛む私を支えた2つのポイント

リハビリで忘れられがちな

”癖”を改善することを意識してみてください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

【無料】変形性股関節症に悩むアナタのための「お役立ち特別コンテンツ」

変形性股関節症の元患者である井口が 当時本当に知りたかった情報や欲しかったノウハウ、参加したかったコミュニティなど、 全部まとめて、しかも無料で利用できるようにしました。


こちらから当ブログの読者登録をして、ぜひご活用ください。


読者登録して無料お役立ちコンテンツを読む

SNSでもご購読できます。