変形性股関節症のリハビリ

【変形性股関節症】何故、病院や理学療法士への依存度が高い人ほど病状はよくならない?

         【ニュースに思う】保険外リハビリサービスを行うリハビリ施設が開設

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

もしかしたら、今回の内容は、ちょっとキツい言葉に感じるかもしれません。

ただ、私はこれまで、このキツい言葉が当てはまるケースをたくさん見てきました。

変形性股関節症の患者さんは、皆さん、自分の病状をよくしたいと考えているはずです。

ぜひこの記事をご覧いただき、ご自身について振り返って下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】術後10~12年経った現在の体の変化をお伝えします

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です

2010年に左側の人口股関節手術を、2012年に右側の人工股関節手術を受けてから、あっという間に10~12年という時間が経ちました。

今日は、そんな「変形性股関節症の術後から10~12年経った私の現在に至るまでの体の変化」についてお伝えします。

続きを読む

【変形性股関節症】人工股関節手術後に大切なことは「慎重に行動する」こと!

         

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんは、術前は不安な気持ちから相談してくる人が多いです。

一方で、術後は全くと言っていいほど何も言ってこなくなります

これは、非常に残念なことです。

なぜなら、私の経験から申し上げると術後の方がむしろ重要だからです。

この記事では、「手術を受けた後に必要な心構えや必ず押さえておいた方が良いポイント」についてご紹介していきます。

続きを読む

【変形性股関節症】体を動かしたくなるこの時期「運動量を急に増やしすぎない」ことに気を付けて!

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

最近、すっかり春めいてきました。
そうすると、体を動かしたい気分になることも増えると思います。

体を動かすことはよいのですが、一つ注意があります。
それは、運動量を急に増やしすぎない、ということです。

特に、変形性股関節症の患者にとっては非常に重要なポイントですので、ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】年末の今だからこそ読み返したい「リハビリに関する8つの記事」

         「健康寿命」を伸ばす知恵-股関節の異変を感じたらすぐ対処!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の克服に最も大事なことの一つが、リハビリです。
その重要性は、何度お伝えしてもしきれるものではありません。

ただ、この時期は寒さにより股関節の痛みがひどくなるため、患者さんはどうしても股関節痛の対症療法に目が向きがちです。

そこで今日は、年末の今だからこそもう一度読み返したい「リハビリに関する8つの記事」をピックアップしました。

続きを読む

【変形性股関節症の克服】年の終わりにもう一度伝えたい!「股関節の運動と股関節ケアの両輪」の話

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

気づいたら12月。
一年がたつのは本当に早いです。

今日は、今年中にどうしてももう一度お伝えしたいことを記事にします。
それは「股関節の運動と股関節ケアの両輪」の話です。

実はこの話、これまで繰り返し何度もお伝えしています。
なぜなら、変形性股関節症を克服するには本当に重要なポイントだからです。

ただ、実際にはまだまだこの内容が伝わっていないと痛感しております。
ぜひもう一度このポイントを思い出して下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】「跛行」した歩き方を改善するにはノルディックウォーキングがおススメです

         「変形性股関節症の進行に関わる要因」に関する京都大学研究報告について

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症は長期に渡る病気です。

その間に、患者は股関節の痛みを少しでもカバーしようとして歩き方の変な癖=「跛行」する歩き方を身に付けるケースが多くあります。

私も闘病時代に、跛行する歩き方の癖が染みついてしまいました。
そして、この癖を元に戻すためには何年ものリハビリの継続が必要でした。

今日は、そんな私の経験から得た「跛行」を改善するための効果的な方法をお伝えします。
跛行に悩む変形性股関節症の患者さん、ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】患者なら押さえておくべきリハビリ8つの内容

         【変形性股関節症と仕事】”起業を進める”ための8つのステップをまとめました

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために最も大切なことは何か。
そう聞かれたら、私は「リハビリ運動と股関節ケアの両輪の継続」と答えます。

これは、私の闘病経験と協会で相談を受ける患者さんの結果から得た非常に重要なポイントなのですが、リハビリについては患者さんの知識も意識も病院依存の方が多く、この点を改善することが重要な課題だと感じています。

今日は、変形性股関節症の患者なら押さえておくべきリハビリについての記事を8つピックアップしました。

非常に重要な内容ですので、ぜひご覧下さい。

続きを読む

変形性股関節症の患者がリハビリを成功させるためのヒントとなる8記事

         変形性股関節症で股関節痛に悩んでいるなら「笑って」「希望」を持とう

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために最も重要なこと。
その一つが、リハビリであることは論を待ちません。

ただ、リハビリの現状は、国の医療費削減による影響を受け、どんどん手薄になっています。
では、このような状況下で、どうすればリハビリを成功させることができるのか。

今日は、変形性股関節症の患者がリハビリを成功させるためのヒントとなる8つの記事をピックアップしました。

どれも重要な内容ですので、ぜひご覧ください。

続きを読む