変形性股関節症のリハビリ

【変形性股関節症】本気で病気を克服する!その想いを結果に繋げるために患者が抑えるべき実践ポイント5つ

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんであれば、病状を改善し、変形性股関節症を克服したいという強い願いをお持ちだと思います。

もちろん、そのために様々な試行錯誤を行い、闘病を進められていることでしょう。

日々の協会活動を通じて

私はこのような「本気で元気になりたい」「本気で変形性股関節症を克服したい」と考えている患者さんたちの強い想いを痛感しております。

ただ、それと同時に、多くの患者さんが”強い想いを実際の行動に移す”際に抑えるべきポイントを抑えておらず、行動しても結果につながらないケースも見てきました。

今年の協会のテーマは「本気の患者さんを精一杯応援する」ということ。

今回は、本気で病気を克服すると決めた患者の想いを結果に結びつけるために患者が抑えるべき実践ポイントを5つお伝えします。

ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症】「股関節ケアって、具体的にどうすればいいのですか?」多くの患者さんから聞かれる質問に答えます

         理屈で納得!なぜアロママッサージやアロマ浴は股関節痛に効くのか?

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症で重要となるのが、適切なリハビリ運動を行うこと。
これは、変形性股関節症という病気を克服する上で避けては通れないものです。

ただ、忘れられがちなのが、リハビリ運動を行った後の股関節ケア。

リハビリ運動後に股関節ケアをきちんと行うことで、変形性股関節症を克服できる可能性が飛躍的に高まるだけでなく、股関節の痛みの根本的な対処にもなります。

この点について、当ブログの中でも「股関節の運動と股関節ケアの両輪」として何度も繰り返しお伝えしているのですが、どうもリハビリ運動に比べ、股関節ケアについては具体的なイメージがわきにくいようです。

その証拠に

協会で相談を受ける患者さんに股関節ケアの話をすると、必ずと言っていいほど「股関節ケアって、具体的にどういうことをするとよいのですか?」という質問を受けます。

今回は、この質問の答えとして私自身が最もおススメする「メディカル・アロマケア」についてお話します。

「メディカル・アロマケア」は、私自身が変形性股関節症を克服する際に非常に大きな力を発揮しました。

現在でもリハビリ運動と合わせて継続しているのですが、そのおかげで病気にかかる前よりも健康な生活を送ることができています。

患者目線で見て、メディカル・アロマケアは本当におススメできる股関節ケアの具体的/効果的な手法です。ぜひこの記事をご覧いただき、メディカル・アロマケアについて知ってください。

続きを読む

【変形性股関節症】病気を克服し日常生活を取り戻したい!全患者の願いを叶えるための”リハビリの軸となる考え方”

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんにとって、病気を克服し、以前のような日常生活を取り戻すことは心からの願いだと思います。

私ももちろんそうでした。
そのためにキモとなるリハビリについて、本当にたくさんの試行錯誤を行いました。

最終的に私は”リハビリの軸となる考え方”にたどり着きました。
結果、現在では以前よりももっと幸せを感じる生活を過ごすことができています。
同様に、協会でサポートする患者さんも日常生活を取り戻すことができています

今回は、その”リハビリの軸となる考え方”についてのお話です。

実はこれまで何度もこのブログでお伝えしてきたものですが、現実ではこの考え方を根本から理解した上で実際に行動に移すことができている患者さんは非常に少ないです。

そこで、今回もう一度お伝えします。
全ての患者さんにとって非常に重要な内容ですので、ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症】たった3年で「登山やスキーを再開できた!」リハビリと股関節ケアの継続で夢を実現した患者さんの話

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために絶対に欠かせないのが「適切なリハビリ運動と股関節ケアの両輪」を継続すること。

これは本当に大事な考え方であるため、協会では、ブログを通じて何度もその内容や重要性をお伝えするだけでなく、数年前からは、この考え方に基づき実際に患者さんをサポートをするためのリハビリプログラムを提供しています。

そして現在では

最初に協会にお越しになったときには、変形性股関節症のために日常生活もままならなかった何人もの患者さんが、諦めていた「やりたいこと」を実現できるようになっています。

今回、「たった3年で実際に結果を出すことができた」患者さんにお話を伺うことができましたので、その内容を一問一答でお伝えします。

「適切なリハビリ運動と股関節ケアの両輪」を継続するときちんと”結果”につながるという一つの事例として、ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症】術後、思い描く生活を送りたいなら”自立型リハビリ+股関節ケア”の継続が必須です

         今年中にもう一度どうしても伝えたい「股関節の運動と股関節ケアの両輪」の話

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「人工股関節手術で、あのひどい股関節痛から解放される!」

そう思って手術したのに、まだ股関節の痛みがある。
調子が悪い。こんなことなら手術をしなければよかった。

協会を通じて変形性股関節症の患者さんの相談を受ける中で、しばしば耳にする内容です。

実はこの悩みは

大多数が術後のリハビリに問題があるために起こります。

続きを読む

【変形性股関節症】非常に効果的な股関節ケアの手法「メディカル・アロマケア」の話

         股関節ケアを効果的に行うにはメディカル・アロママッサージがおススメ!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病のキモは、リハビリです。
そして、リハビリ運動と同じくらい重要なのが「リハビリ後の股関節周辺の筋肉のケア」です。

このことは、これまで「股関節の運動と股関節ケアの両輪」として繰り返しお伝えしていますが、患者の状態にピッタリ合うリハビリ運動の後、適切な股関節ケアを行うことを継続すれば、変形性股関節症を克服できる可能性が非常に大きくなります。

今日は、この両輪の一つである「股関節ケア」についてのお話です。
股関節ケアの具体的、効果的な手法である「メディカル・アロマケア」についてお伝えします。

ぜひご覧下さい。

続きを読む

人工股関節手術直後から”普通の日常生活”を取り戻すキモは「きちんとしたリハビリ運動」

         変形性股関節症で股関節痛に悩んでいるなら「笑って」「希望」を持とう

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「手術が終わって、あのつらい股関節の痛みから解放される!」
「これからは普通に日常生活を送ることができる!」

長年変形性股関節症に悩んでいた患者さんは、人工股関節手術後にそう感じることでしょう。

ところが実際には、術後思い描いていた普通の日常生活が送れなかったり、股関節以外の箇所の調子が悪くなったりする患者さんが多いです。

実は、人工股関節の手術後に”普通の日常生活”を取り戻すにはリハビリ運動がキモになります。

変形性股関節症の両側人工股関節手術後、”普通の日常生活”を取り戻すことができた私自身の実体験から得た内容です。

ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症】何故、病院や理学療法士への依存度が高い人ほど病状はよくならない?

         【ニュースに思う】保険外リハビリサービスを行うリハビリ施設が開設

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

もしかしたら、今回の内容は、ちょっとキツい言葉に感じるかもしれません。

ただ、私はこれまで、このキツい言葉が当てはまるケースをたくさん見てきました。

変形性股関節症の患者さんは、皆さん、自分の病状をよくしたいと考えているはずです。

ぜひこの記事をご覧いただき、ご自身について振り返って下さい。

続きを読む

【実体験】変形性股関節症の術後リハビリをした10~12年後の身体の変化を解説

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です

2010年に左側の人口股関節手術を、2012年に右側の人工股関節手術を受けてから、あっという間に10~12年という時間が経ちました。

本記事では、「変形性股関節症の術後から10~12年経った私の現在に至るまでの体の変化」について詳しくお伝えします。

今、お悩みの方に少しでも勇気となるような内容になれば幸いです。

続きを読む

【変形性股関節症】人工股関節手術後に大切なことは「慎重に行動する」こと!

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんは、術前は不安な気持ちから相談してくる人が多いです。
一方で、術後は全くと言っていいほど何も言ってこなくなります。

これは、非常に残念なことです。
なぜなら、私の経験から申し上げると術後の方がむしろ重要だからです。

この記事では「手術を受けた後に必要な心構えや必ず押さえておいた方が良いポイント」をご紹介していきます。

続きを読む