【変形性股関節症】リハビリで”動き方の癖”を矯正するためのヒント2つ

       

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症は、長い期間をかけて進行していく病気です。
そして、その過程でひどい股関節の痛みが襲ってきます。

この股関節痛に対応するために、ほとんどの患者さんは股関節痛をかばうための独特な”動き方の癖”を身につけてしまっています。

実はこの癖、長い時間をかけて身についただけに、矯正するのが本当に難しいです。

今日は、リハビリを通じて”動き方の癖”を矯正するためのヒントを2つピックアップしました。
ぜひご覧下さい。

リハビリで”動き方の癖”を矯正するためのヒント2つ

1つ目は

リハビリの全体像を踏まえての”動き方の癖”をどう捉えるかという話です。
特に、入院中・退院後の部分をご覧いただきたいです。

「変形性股関節症のリハビリ」って実はすごく楽しいです!

2つ目は

私自身の体験談です。

私の場合、当時は体を左側にゆらして歩く”動き方の癖”がありました。
この癖が原因で、変形性股関節症の末期は、外側の股関節痛に非常に悩まされました。

その実体験をご覧いただき、何かヒントに得ていただければと思います。

変形性股関節症末期。股関節の外側が痛む私を支えた2つのポイント

”動き方の癖”の矯正は一朝一夕にはいきません

ぜひ、私が常に提唱している”適切なリハビリ運動と股関節ケアの両輪”を継続して下さい。

この記事が、少しでも”動き方の癖”改善のヒントになれば幸いです。

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

SNSでもご購読できます。