変形性股関節症、手術するか保存療法で行くかを判断する前に読むべき7記事

ビジョン・ストーリークラブ

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために避けて通れないのが、手術か保存療法かの判断。
特に、病状が進めば進むほど慎重な判断が必要になります。

今日は、手術か保存療法で行くかを判断する上で知っておくべき内容をまとめた7つの記事をピックアップしました。

これらの記事を熟読し、変形性股関節症をうまく克服する一助としていただければと思います。

変形性股関節症の手術と保存療法の基礎知識

変形性股関節症の「保存療法」の基礎知識をまとめました
変形性股関節症―あなたの主治医を決める8つの質問
変形性股関節症―主治医以外へのセカンドオピニオンのススメ
手術経験者は語るー変形性股関節症の手術前で不安なあなたのためのリアルな話
「この医者で間違いがない!」主治医選びの判断を裏付けるたった1つの質問
変形性股関節症患者の苦悩「手術か保存療法か、それが問題だ」
人工股関節の手術を控えて患者さんは人工股関節についてもっと知るべきだと思う

手術か保存療法でいくか

これは、患者さん自身の一生に関わる大きな判断です。

そのために、この記事が少しでも役立つことを願ってやみません。

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

SNSでもご購読できます。