変形性股関節症の手術と保存療法

【変形性股関節症】人工股関節手術後に大切なことは「慎重に行動する」こと!

         

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんは、術前は不安な気持ちから相談してくる人が多いです。

一方で、術後は全くと言っていいほど何も言ってこなくなります

これは、非常に残念なことです。

なぜなら、私の経験から申し上げると術後の方がむしろ重要だからです。

この記事では、「手術を受けた後に必要な心構えや必ず押さえておいた方が良いポイント」についてご紹介していきます。

続きを読む

【まとめ】「手術か保存療法か」を決める際に役立つ7つの記事【変形性股関節症】

         「競合調査」はアナタの起業を最短ルートで進めるために必要不可欠です

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症をどう克服していくか。
そのために非常に重要なのが、治療の方針です。
つまり、手術するのか保存療法でいくのか、という問題です。

これは、変形性股関節症の闘病だけでなく、その後の患者自身の人生にとっても本当に大きな分岐点になります。

今日は、変形性股関節症の手術と保存療法に関する7つの記事をまとめました。
患者にとって非常に重要なポイントです。

ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】患者が知っておくべき手術と保存療法の基礎知識

         【まとめ】変形性股関節症の主治医を選ぶための厳選3記事

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病において最も重要な基礎知識。
その一つが、手術と保存療法に関するものです。

特に、治療方針を決める際、手術と保存療法について患者が知っておくべき知識を身に付けておくことは必須となります。

なぜなら、手術するか保存療法でいくかという判断は、患者自身の生活スタイル、ひいては人生そのものの質を大きく変えてしまうものだからです。

今日は、変形性股関節症の手術と保存療法について患者が知っておくべき知識について、7つの記事をピックアップしました。

続きを読む

【まとめ】「変形性股関節症の手術と保存療法」の判断に役立つ7記事

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病に際して、大きな判断基準となる”手術か保存療法か”の判断。
この判断は非常に重要なポイントです。

なぜならこの判断は、闘病方針だけでなく、その後の患者自身の人生そのものも大きく変えてしまうからです。

今日は「変形性股関節症の手術と保存療法」の判断に役立つ7つの記事をまとめました。
ぜひご覧いただき、今後の闘病方針を決める際に活かして下さい。

続きを読む

人工股関節手術を行った患者さんが知っておくべき「人工股関節再置換術の基礎知識」

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するための有効な方法である、人工股関節手術。
実際に人工股関節手術を行った患者さんも多いかと思います。

ただ、協会で相談を受ける中で、私には一つの懸念があります。
それは「人工股関節手術を行った患者さんは、人工股関節の再置換手術についてもっと知っておくべきだ」ということです。

今回は、人工股関節再置換術の基礎知識がテーマです。
人工股関節手術を行った変形性股関節症の患者さんは、ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】人工股関節手術?保存療法?治療方針を決めるために知っておくべき7つの内容

         「起業する」と決めた変形性股関節症のアナタが感じる不安と対処法を教えます

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために、人工股関節の手術をするべきか、保存療法でいくべきか。
これは、病気の克服だけでなくその後の人生そのものにも大きな影響を与える判断です。

今回は、手術か保存療法かの判断を行うために知っておくべき内容を7つ取り上げます。

いずれも本当に大切な内容です。
ぜひ全ての記事を熟読し、後悔のない判断をするために役立てて下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】「自分の病状を正しく知る」ためにセカンドオピニオンは必須です!

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者にとって非常に重要となるのが「自分の病状を正しく知ること」です。
自分自身の病状が正確に把握できていないと、闘病の進め方を誤る可能性があるためです。

また、変形性股関節症には診断する医師が病状に精通していないケースも多々あります。

そういうケースも考えると、医師の診断内容が妥当かどうかセカンドオピニオンを通じて確認することは必須となります。

今日は、「自分の病状を正しく知る」ためのセカンドオピニオンについてのお話です。
ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】手術するか保存療法でいくかを決める際に知っておくべき知識まとめ

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病において非常に重要な判断。
それが、手術するか保存療法で対処するか、ということです。

この判断は、患者であるアナタ自身の今後の人生そのものに本当に大きな影響を与えます。
ところが多くの患者さんは、医者のいうことをうのみにして闘病方針を決めてしまいがちです。

そこで今日は、この判断をきちんと行うために患者が知っておくべき情報をまとめました。

続きを読む

【変形性股関節症の実体験より】私が手術への不安を感じなかった2つの理由

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の手術が決まった。
ただ、手術に対する不安な気持ちを抱えている。

これは、多くの変形性股関節症手術前の患者さん、特に初めての手術となる患者さんにとって共通する悩みだと思います。

ところが、私の場合は手術前の不安は一切ありませんでした。

今日は、私が手術に対する不安を感じることがなかった2つの理由をお伝えします。
手術前の患者さんは、ぜひ参考にして下さい。

続きを読む