【実体験】股関節周りをじっくり温めると股関節の痛みが引いた!

【実体験】股関節周りをじっくり温めると股関節の痛みが引いた!

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

股関節の痛み、つらいですよね。
そういうときって、リハビリ体操気分転換が大事です。
そして、もう一ついいのが、股関節周りをじっくり温めること

今日は、私自身が実際に試してみた「股関節を温める」痛みの対処法をお伝えします。
変形性股関節症で股関節が痛い、というアナタはぜひお試しあれ。

股関節周りをじっくり温める方法

変形性股関節症の元患者である私がやってみて、実際に効果のあった方法を2つお伝えします。

使い捨てカイロ

やり方は、使い捨てカイロをお尻の真ん中に貼るだけ
サイズは小さくても効果があります。
また、カイロは直接肌に貼らず、スパッツなどをはいてから貼るとよいです。

私がこれを実践していたのは、寝返りも打つことができないほどの痛みを感じていた時期。
カイロを貼るだけで、かなり股関節の痛みが和らいだのを覚えています。

特に外出時は効果を実感することが多く、本当に助かりました。

蒸しタオル

これは、主に家の中で実践したやり方です。

やり方は、蒸しタオルを体の気になる箇所に置く
それを3~5回程度繰り返すんです。

美容室に行くと、シャンプー後に蒸しタオルを首の下に置いてくれることがありますよね。
すごく気持ちがいいのですが、あんな感じで蒸しタオルを置きます。

股関節周りを温めると痛みが引く理由

私の場合、経験的に上の2つの対処を行っていたのですが、最近、ある雑誌を読んでいたら、その理由が書いてありました。

そもそも、股関節の痛みは筋肉のダメージを修復するときに感じる現象なのだそうです。
つまり、痛みがあるということは、ちゃんと股関節に血流が流れ、修復されているということ。

そこに冷たい湿布などを貼ってしまうと血行が悪くなるため、かえって修復が遅れるんだそう。

逆に、冷たい湿布ではなくカイロや蒸しタオルなど、暖かいものを置くことで、さらに血行がよくなり、修復を促してくれるんです。
結果として、股関節の痛みが解消されるという仕組み。

なお、この方法は股関節だけではなく、ひざ、腰など全身の節の痛みに効果があるようです。
確かに、実際に試してみても効果を実感できますね。

ぜひお試しください

私の場合、特に使い捨てカイロを貼る方法が効果絶大でした。

変形性股関節症の末期になると、股関節の痛みが本当にひどくなります。
ぜひ、この記事に書いたような方法をうまく取り入れて、股関節の痛みとうまく付き合ってください。

【無料】変形性股関節症に悩むアナタのための「お役立ち特別コンテンツ」

変形性股関節症の元患者である井口が 当時本当に知りたかった情報や欲しかったノウハウ、参加したかったコミュニティなど、 全部まとめて、しかも無料で利用できるようにしました。


こちらから当ブログの読者登録をして、ぜひご活用ください。


読者登録して無料お役立ちコンテンツを読む

SNSでもご購読できます。