変形性股関節症の闘病と仕事をどう両立させていくか考えるための5つの記事

       

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症になると、これから仕事をどうしていけばよいかが大きな悩みとなります。
今までのように動けない中、仕事と闘病をどう両立させていくか。

私もそうでしたが、この問題で悩まれる方も多いと思います。

今回の記事では、変形性股関節症の患者がこれから仕事をどうするか考える際に役立つ記事をまとめました。
ぜひご覧いただき、今後に役立てて下さい。

変形性股関節症の闘病と仕事をどう両立させていくか考えるための5つの記事

まずはここから始めましょう

【変形性股関節症と仕事】仕事をどうするか悩む前に!まずはこれからの人生について考えてほしい
・ 変形性股関節症のあなたが今後の仕事について考えるための5つの質問
変形性股関節症の末期は「1日の限界歩数」に基づく仕事スケジュールが必要です

今後の仕事をどうするか考える

変形性股関節症と向き合いながら仕事するなら「会社勤め」に加えて「起業」も選択肢に入れるといい
変形性股関節症で仕事ができないと悩むなら「起業」という選択肢もある

変形性股関節症の闘病と仕事の両立

このテーマは、アナタの人生を少しでもよいものにするために避けて通れないものです。

今回の記事を熟読し、仕事と闘病の両立を考えるきっかけにして下さい。
もしよいと思う内容があれば、ぜひ実際に取り組んで下さい。

この記事が少しでもお役に立つことを願ってやみません。

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

SNSでもご購読できます。