変形性股関節症のあなたが今後の仕事について考えるための5つの質問

変形性股関節症のあなたが今後の仕事について考えるための5つの質問

変形性股関節症と正しく向き合う会代表理事の井口です。

「変形性股関節症と診断されてしまった。
 今の仕事を今後も続けていけるのだろうか?
これから仕事をどうしていけばいいだろうか?」

人生の中で大きな部分を占める仕事。
変形性股関節症と診断された時に、今後の仕事をどう考えるのか、それは大きな問題です。

今日は、変形性股関節症と診断されたあなたが今後の人生における仕事について考えるための5つの質問をお伝えします。

私の実体験を踏まえた5つの質問を使って、ぜひ今後の人生における仕事の位置づけをハッキリさせてください。

これからの人生における仕事を考える際の5つの質問

 1. 現在の股関節がどのような状態になっているのか?
 2. 今後、変形性股関節症の症状がどのように進行していくのか?
 3. 上記の症状に伴って、股関節の痛みはどのように変化していくのか?
 4. 1-3の質問を踏まえて、変形性股関節症とうまく付き合いながら今後どのような人生を過ごしたいか?
 5.今後の人生を考えた上で、仕事をどのようにしていきたいか?

ちなみに、この5つの質問は、こちらに書いた私自身の実体験の中で特に重要だと感じたものです。

私の場合は、この5つの質問をお医者さんや自分自身に問いかけることで、自分の人生において仕事を継続していきたいという気持ちを再認識することができました。

また、そのためにできるだけ早い仕事への完全復帰を目標として、人工股関節手術の決断を行うことができました。

今後の仕事についてじっくり考えてください

5つの質問をきっかけに深く考えることで、答えは自ずから出るはずです。

この記事が、あなたの役に立つことを願ってやみません。

【無料】変形性股関節症に悩むアナタのための「お役立ち特別コンテンツ」

変形性股関節症の元患者である井口が 当時本当に知りたかった情報や欲しかったノウハウ、参加したかったコミュニティなど、 全部まとめて、しかも無料で利用できるようにしました。


こちらから当ブログの読者登録をして、ぜひご活用ください。


読者登録して無料お役立ちコンテンツを読む

SNSでもご購読できます。