変形性股関節症と仕事

【変形性股関節症】闘病と仕事を両立させる必要がある患者さんが読むべき5記事

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病中でも、仕事を続ける必要がある患者さんは多いと思います。

闘病と仕事をどう両立していくか。
私もそうでしたが、この問題で悩んでいる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今日は、変形性股関節症の患者さんが闘病と仕事を両立させていくために参考となる記事を5つピックアップしました。

続きを読む

【変形性股関節症】闘病と仕事を両立したい患者にとって”起業”はよい選択肢となります

         【変形性股関節症】季節の変わり目は日常生活を見直すよいタイミングです

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症になると、これまで通りに仕事をこなすことが難しくなります。
特に末期には、ひどい股関節痛でそもそも仕事を続けることさえできなくなるかもしれません。

そのため、仕事をしながら闘病を送る変形性股関節症患者にとって、仕事をどうするかを考えることは避けて通れない問題となります。

ところが、実際に闘病と仕事の両立を考え始めると大変です。

そういうとき、一つの選択肢として有効なのが、”起業”をすることです。
なぜなら、起業によって変形性股関節症の闘病と仕事を両立する形を実現できるためです。

今日は、変形性股関節症の患者であるアナタが起業を考える際の流れについて、8ステップでお伝えします。

起業が選択肢となる患者さんは、ぜひ参考にして下さい。

続きを読む

「変形性股関節症の患者が仕事とどう向き合えばよいか」という問いへの5つのヒント

         少し、ブログ執筆者「井口由紀子」のお話をしてみます~【仕事と子育ての両立に悩む】

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症になると、仕事と闘病をどう両立するかが大きな悩みとなります。
私自身もそうでしたし、協会でサポートしている患者さんからも同じ悩みを相談されます。

特に、股関節の痛みがひどくなる末期。

これまで通りに日常生活送ることが難しくなる中、どう仕事と向き合っていけばよいか。
患者にとっては、本当に大きな悩みです。

今日は、患者が仕事とどう向き合えばよいかについて、5つのヒントをまとめました。
ぜひご覧いただき、早い段階から仕事と闘病の両立について考えて下さい。

続きを読む

変形性股関節症の闘病と仕事をどう両立させていくか考えるための5つの記事

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症になると、これから仕事をどうしていけばよいかが大きな悩みとなります。
今までのように動けない中、仕事と闘病をどう両立させていくか。

私もそうでしたが、この問題で悩まれる方も多いと思います。

今回の記事では、変形性股関節症の患者がこれから仕事をどうするか考える際に役立つ記事をまとめました。
ぜひご覧いただき、今後に役立てて下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】仕事と闘病を両立させるために考えるべき5つのポイント

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症で大きな悩みとなるのが、仕事と闘病をどう両立させるかということ。

「股関節の痛みがひどくなってきた。
 今の仕事をこれまで通り続けていくことが難しい。
 これから仕事をどうしたらよいだろうか?」

これは、仕事を持つ患者さんにとって重くのしかかる問題です。

今日は、変形性股関節症の患者が仕事と闘病をどうバランスさせていくか考える際に役立つ5つのポイントをお伝えします。

私自身の闘病経験から生まれた、非常に役立つ知恵です。
ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症と仕事】闘病生活との両立を考えると”起業”は有効な選択肢の一つです

         負けないで!変形性股関節症になることで得るものもきっとある!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病生活で非常に悩ましいのが、仕事の問題です。

これまで通りの仕事を行うことが難しくなる状況の中、どうやって変形性股関節症の治療と仕事を両立させていくか。

特にコロナ禍の現在、闘病と仕事の両立がますます難しくなっています。
仕事そのものの見直しをされている患者さんも多いのではないでしょうか。

実は、そんな状況下で有効な選択肢となるのが”起業”です。
なぜなら、自分の体調や闘病生活を踏まえた形で仕事を進めやすいためです。

今日は、変形性股関節症の患者さんが「起業」をしようと考えた場合にどのように進めたらよいのかについて、私の経験を踏まえて8つのステップでお伝えします。

これからの仕事をどうするか悩んでいる患者さんは、ぜひご覧下さい。

続きを読む

変形性股関節症患者が「仕事」を見直したいときに役立つ5つの記事

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症になると、これまで通りの生活を送るのが難しくなります。
中でも、仕事をこれまで通りにできなくなることは大きな悩みの一つとなります。

変形性股関節症と闘病しながら、今後どのように仕事と向き合うか。
本当に皆さん悩まれるところです。

そこで今日は、変形性股関節症患者が「仕事」を見直したいときのヒントとなる記事を5つピックアップしました。

ぜひご覧いただき、仕事を考える上で参考にして下さい。

続きを読む

【変形性股関節症と仕事】コロナで仕事を見直す必要がある患者さんのためのヒントまとめ

         少し、ブログ執筆者「井口由紀子」のお話をしてみます~【仕事と子育ての両立に悩む】

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

コロナによる緊急事態宣言が延長されそうです。

それによって、仕事に大きな影響が出ている方がたくさんいらっしゃいます。
変形性股関節症の患者さんの中にも、もしかしたら仕事の見直しが必要となる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

今日は、仕事を見直す必要に迫られた変形性股関節症の患者さんのヒントをまとめました。
ぜひご覧いただき、参考にして下さい。

続きを読む

変形性股関節症患者が”コロナ禍での仕事”を考えるために役立つ記事をまとめました

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

コロナウイルスが猛威を振るっています。
最近の第3波の状況を見ていると、やはり今後はコロナを前提とした生活になることを今更ながらに実感します。

そんな環境の中で大きな悩みになるのが、仕事をどうするかです。
コロナとの共生を前提として、変形性股関節症の患者がどのように闘病と仕事を両立するか。

今日は、変形性股関節症の患者がコロナ禍においても前を向いて仕事に取り組めるようになるために役立つヒントをまとめました。

ぜひご覧いただき、実際に仕事の見直しをしてみて下さい。

続きを読む

変形性股関節症患者にとっての仕事の可能性

         【変形性股関節症と仕事】”起業を進める”ための8つのステップをまとめました

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の進行期、末期で保存療法中の方、人工股関節手術を受けたけど、自分が期待していたようには回復していない方、仕事をどうするか悩んでいませんか?

今回のブログの内容は、そんな方には参考になるかもしれません。
私の経験を含めて、お伝えしたいと思います。

続きを読む