【変形性股関節症】手術をしたのに調子が悪いと感じる患者さんへ

       
拝啓。股関節の痛みに耐えてリハビリしている変形性股関節症のアナタへ

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「人工股関節手術をしたのに、まだ股関節の痛みがあって調子が悪い。
 こんなことなら手術をしなければよかった。」

変形性股関節症の患者さんと接する中で、このような話にしばしば出会います。

実はこのようなケースは

ほとんどが術後リハビリに起因するものです。

具体的には

次の6つのうち、1つでも当てはまるものがあれば術後の経過が思わしくない状況に陥る可能性が高いです。

1.入院中のリハビリ運動の量が全く足りていない
2.毎日のリハビリの運動量が少ない
3.リハビリ運動の方法が間違っている
4.毎日リハビリをしたら、その後すぐに股関節ケアをしていない
5.病院のリハビリだけに頼っている
6.現在の痛みの原因がどこから起因しているのか分からない

変形性股関節症を克服する上でキモとなるのが

リハビリなのは言うまでもありません。
ただ、実は術後リハビリは、病院だけでは全く足りません。

病院で受ける週1回20分程度のリハビリでは、患者さんが理想としてイメージするような回復状況には、到底たどりつけないのです。

私の実体験で申しますと

私は、術後全く痛みもなく、手術の傷口ですら痛みを感じたことがありませんでした。

また、現在では日常生活を何の問題もなく送ることができるだけでなく、40~45キログラムの重さを持ってスクワットできる状態になるまでに回復しています。

ただ、手術直後の入院中は、病院リハビリに加え、毎日自主的なリハビリを行っておりました。
退院後も、現在に至るまで相当な時間と努力を重ね、日々リハビリを継続しています。

その結果として、上記のような状態を維持できているのです。

もし「手術をしたのに調子が悪い」と感じているなら

一度、現在行っているリハビリ自体を見直して下さい。

最近協会で受けた相談の中には、病院で行っているリハビリの方法が間違っていて、患者さんの股関節の状態をさらに悪化させてしまっているケースがありました。

このように病院のリハビリが絶対に正しいと言えないこともありますので、医者に加えて、変形性股関節症のリハビリの専門家に相談してみるとよいでしょう。

協会でも

術後リハビリに関する相談はよくお受けします。

興味がある方は、個別相談メディカル・アロマケア体験会でもお話できますので、ぜひ自分から行動を起こすようにして下さい。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

SNSでもご購読できます。