変形性股関節症に負けない!気の持ちようは大きな力になります

変形性股関節症に負けない!気の持ちようは大きな力になります

変形性股関節症と正しく向き合う会代表理事の井口です。

変形性股関節症になって股関節の痛みがひどくなってくると、外出の機会が減りますよね。
結果、自宅に引きこもりがちになるのではないでしょうか?

私の場合も例にもれず、股関節の痛みからマイナス思考になり外出がおっくうになりました。

そんなときに役立ったのが”気の持ちよう”

気持ちを無理にでも前向きにすることで、つらい時期をなんとか乗り切ることができました。

おそらく、あなたも変形性股関節症でとてもつらいと思います。
だけど、無理にでも気の持ちようを変えることは変形性股関節症に対する大きな力になります。

今日は一つの実例として、私自身の”気の持ちよう”を前向きにするために行ったことをお伝えします。
あなたが現在のつらい状況を乗り越えるためのヒントになれば幸いです。

私の場合「スポーツ観戦」で気の持ちようを変えました

先ほどもお伝えしましたが、私も変形性股関節症になってからというもの、自宅に引きこもりがちになりました。

特に痛みがひどくなった末期には、仕事での外出も一苦労。
かなり自宅に引きこもっている状態でした。

そのときに気持ちをプラスにもっていくために役立ったのがテレビでのスポーツ観戦でした。

サッカー、バレーボール、陸上競技、
マラソン、水泳、卓球、フィギュアスケート、
スピードスケート、スキージャンプ、
などの競技をテレビで観戦することで、本当に気持ちがウキウキしたことを覚えています。

おそらく、スポーツ観戦という”楽しみ”がなければ、気持ちがどん底のまま生活していたかもしれません。

というのも、体を動かすことができないので精神的にも暗い気持ちになり、マイナス思考になりやすかったのです。

スポーツ観戦は、そんな私を前向きな気持ちにさせてくれました。

中でもサッカーの試合は大好きです

なぜなら、サッカーの試合には、海外で活躍する日本人選手やワールドカップを経験した国内組の選手が数多く出場します。

つまり、日本人が海外で活躍するためには、精神的にもかなりタフでないと生き残っていけないわけです。

この「精神的にタフでなければ生き残れない」という状況が変形性股関節症と向き合う自分自身の状況と重なり、マイナス思考になりがちな私の気持ちを奮い立たせてくれたのです。

あなたの気持ちをプラスに変えるものは何ですか?

このように、ぜひあなた自身の気持ちを奮い立たせてくれるものを見つけてください。

なんでもいいです。
気持ちを前向きにできることを見つけて、現在の困難な状況をなんとか乗り越えて下さい

変形性股関節症に悩む人が一人でも減ることを心から願っています。

【無料】変形性股関節症に悩むアナタのための「お役立ち特別コンテンツ」

変形性股関節症の元患者である井口が 当時本当に知りたかった情報や欲しかったノウハウ、参加したかったコミュニティなど、 全部まとめて、しかも無料で利用できるようにしました。


こちらから当ブログの読者登録をして、ぜひご活用ください。


読者登録して無料お役立ちコンテンツを読む

SNSでもご購読できます。