台風と体の不調には大きな関係があります

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

台風がようやく過ぎ去ってくれました。

今回の台風は、いつもと違って日本各地に大きな爪痕を残す結果となってしまいました。
被害にあわれた方に対しては、心からお見舞い申し上げます。

今回の台風は

10月12日(土)の夜に東京を通過していきました。
ところが、10月11日(金)ごろから私の体調に異変が起きたのです。

首コリ、肩こり、頭痛、だるさを感じられるようになり、台風が過ぎ去った13日(日)もまだ体がだるかったのです。

実は

台風と体の不調には大きな関係があります。

台風が近づき低気圧が停滞すると、私達の体は高い山に登った状態とほぼ同じになります。
結果、体にかかる圧力が低下し、体が膨張するのです。

体の膨張は体のむくみとなって現れ、このむくみが体のだるさを引き起こしてしまいます

そこで

台風のときには、水分補給は、冷たいものではなく温かい飲み物。
むくみ解消のために軽い運動とアロマ入浴をするとよいです。

毎日の天気と自分の体調とはリンクします

だからこそ、自分なりの生活のペースを維持していくことも重要ですね。

私も、今晩はアロマ浴でゆっくり体を温めて、血液循環を促しながらリハビリ運動+股関節ケアを行い、いい気分で布団に入ろうと思います。

今回の記事があなたの健康維持に役立つことを願ってやみません。

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

SNSでもご購読できます。