変形性股関節症とは

【変形性股関節症と診断された患者さんへ】変形性股関節症について知ると不安が軽くなります

         悩みや心配事を声に出すと本当に起こってしまう

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

ここ最近、変形性股関節症の患者さんの相談を受けることが増えています。
その中で、特に病気の診断を受けたばかりの患者さんの不安はやはり非常に大きいと感じます。

ただ、その不安は「変形性股関節症」という病気の知識が少ないことによるものも大きいです。

そもそも、変形性股関節症という病気がよく分からない。
これからどういうふうに病状が進んだり、どういう方針で治療していくのか。

今日は、このような不安を軽くするために、変形性股関節症の基礎知識をまとめました。
変形性股関節症について知ることで少しでも不安を軽くして下さい。

続きを読む

これだけは押さえましょう!「変形性股関節症の基礎知識」をまとめました

         人工股関節手術の最新技術「ナビゲーションシステム」とは?

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症と診断されたら、これから先が本当に不安になると思います。

そもそも、変形性股関節症という病気について分からない。
どういう病状で、どういう方針で治療していくのかも分からない。

協会で接する患者さんの中にも、こういった方は数多くいらっしゃいます。

今日は、変形性股関節症について押さえるべき基礎知識をまとめてみました。
記事をご覧いただき、変形性股関節症の闘病に備えて土台を固めていただいたいと思います。

続きを読む

これだけは知っておいてほしい「変形性股関節症の基礎知識」をまとめました

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私はこれまで、たくさんの変形性股関節症の患者さんと協会活動を通じてお話してきました。
その中で感じるのが、変形性股関節症そのものの基礎知識をしっかりと持つことの重要性です。

変形性股関節症を克服するためには、まずは変形性股関節症がどういうものかを把握しておくことが土台となります。

今日は、変形性股関節症について「これだけは知っておいてほしい基礎知識」をまとめました。
ぜひご覧ください。

続きを読む

元患者の実体験「変形性股関節症の痛みがどういう症状で進んだか?」

         「起業する」と決めた変形性股関節症のアナタが感じる不安と対処法を教えます

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症と診断された患者さんは、きっと「これからどうしていいのか分からない」と途方に暮れていると思います。

これから、症状がどのように進んでいくのか。
それがわからない状況では、恐怖や不安が大きくなるばかりです。

今日は、そんな患者さんに向けて、元患者である私自身の症状を、気を付けたい生活上のポイントと併せてお伝えします。

変形性股関節症のリアルな症状の進み方の一つの具体例を知ることで、アナタの不安が少しでも軽くなることを願っています。

続きを読む

変形性股関節症と診断された患者が必ず知っておくべき「変形性股関節症の基礎知識」

         変形性股関節症末期。股関節の外側が痛む私を救った2つのポイント

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私もそうだったのですが

変形性股関節症と診断された直後は、頭が真っ白になってしまうと思います。

その後、インターネットなどを利用して変形性股関節症の情報を探そうとして、たくさんの情報の中で余計に迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで今日は、変形性股関節症と診断された患者さんに向けて、最低限知っておくべき「変形性股関節症の基礎知識」をまとめました。

まずはここから押さえて下さい。
この基礎知識を元に、今後の闘病についての様々な判断に活かしていただければ幸いです。

続きを読む

基礎知識として知っておきたい「変形性股関節症の検査」で行うこと

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「今はまだひどくないのですが、時々股関節に違和感があるんです。」
時々、私はこのような相談を受けることがあります。

そのときにお伝えしているのが「股関節に違和感があったら、医者に診てもらって下さい」ということ。

なぜなら、私自身が当初の股関節の違和感を軽く考えてしまい、変形性股関節症をひどくしてしまった経験があるからです。

ただ、医者に診てもらうことを勧めると「変形性股関節症の検査って何をするか分からないので少し怖い」と思われる方も多いです。

そこで今日はそんな方の不安を少しでも取り除くために、変形性股関節症の検査についてまとめてみました。

転ばぬ先の杖として、ぜひご覧下さい。

続きを読む

変形性股関節症と診断された患者さんが知っておくべき「変形性股関節症の基礎知識」

【変形性股関節症】人工股関節再置換術について

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

最近、変形性股関節症と診断されたばかりの患者さんからのご相談が増えています。
そこで感じるのが、やはり変形性股関節症そのものについて知っておくべき基本的な知識が不足していたり、偏っている方が多いということです。

そこで、今日は変形性股関節症について押さえておくべき基礎知識をまとめました。
この記事をしっかりと読み込み、闘病に向けた準備の土台を固めておきましょう。

続きを読む

変形性股関節症患者に多い、出っ尻とそり腰について

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私は若い頃から出っ尻(でっちり)とそり腰でかなり悩んでいました。

協会のメディカル・アロマケア体験会に参加される患者さんの姿を拝見していると、私と同じような悩みを持っている方が実に多いということに驚いています。

これは、変形性股関節症患者の特徴のように思われます。

続きを読む

変形性股関節症における脚長差(きゃくちょうさ)について

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の症状が進行していくと

状態の悪い方の脚が短くなってしまう場合があります。
このように両脚に左右差が出ることを脚長差(きゃくちょうさ)と呼びます。

そして、脚長差が大きくなると片方の脚が地面につく時に墜落するように落下する歩き方になってしまいます。
これを墜落性跛行(ついらくせいはこう)といいます。

続きを読む

患者なら知っておくべき「変形性股関節症の基礎知識」をまとめます

【変形性股関節症】人工股関節再置換術について

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症と診断されてしまったら、まずは変形性股関節症の基本的な知識が大事になります。
それが分からないと、今後どのように闘病していけばよいのか、その判断もつかないためです。

そこで今日は、患者なら知っておくべき「変形性股関節症の基礎知識」をまとめました。
まずはここから押さえていただければと思います。

続きを読む