寒い時期の股関節痛を軽くしたいなら、今が根本対処の始めどきです!

       

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

もうすぐ夏。
寒い時期も終わり、股関節の痛みが軽くなったと感じている方も多いと思います。

もしアナタが寒い時期にひどくなる股関節痛を少しでも軽くしたいと考えているのであれば、今の時期から根本対策を行うことを強くおススメします。

なぜなら、この時期から股関節痛の根本対処をスタートさせることで、日常生活の一つの習慣として取り入れることができるためです。

股関節痛に悩む患者さん、ぜひご覧ください。

股関節痛の根本対処とは

具体的には、今の時期から「リハビリ運動+股関節ケアの両輪」をスタートすることです。

詳しくは上記リンクの記事をご覧いただけばと思いますが、簡単にまとめると
・ アナタ自身の股関節の状態にあったリハビリ運動を行う
・ 運動後に股関節ケアもセットで行い、筋肉をしっかりとほぐす
というものになります。

ちなみに、股関節の痛みが寒い時期に強くなるのは

寒くなると脳からの指示で熱を体の外に逃がさないように血管を収縮させるからです。
その結果、血流が悪くなり、体温が低下し、関節が冷えて動きづらくなり、痛みをより感じるようになります。

また、血流が悪くなると股関節部分の軟骨に栄養が行きわたらない状態にもなります。

一方で

夏間近のこの時期は、血流が寒い時期よりもよい状態になることが多いです。
また、気持ちの面でも体を動かしやすくなるため、リハビリ運動に取り組むモチベーションも上がります。

さらにいうと

日頃から体を冷やさないようにするために、アロマ浴を活用することがおススメです。

私自身や協会でサポートする患者さんの結果からも効果が確信できるのですが、ラベンダー浴で全身が温まると血液の流れが非常によくなります。

加えて、ラベンダーの効能によって股関節の痛みも軽減されます。
入浴後、筋肉や関節が柔らかくなった状態でリハビリ運動をすればさらに効果が大きいです。

「リハビリ運動+股関節ケアの両輪」を今の時期から始めることで

寒い時期にひどくなる股関節痛の根本対処となります。

身体的にも気持ち的にも取り組みやすいこの時期、ぜひ根本対処を始め、冬までに習慣化させましょう。

もし具体的なやり方で迷うようであれば、メディカル・アロマケア体験会個別相談などでお伝えすることもできます。

この記事が少しでも役立つことを願ってやみません。

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

SNSでもご購読できます。