変形性股関節症

【変形性股関節症】本気で病気を克服する!その想いを結果に繋げるために患者が抑えるべき実践ポイント5つ

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんであれば、病状を改善し、変形性股関節症を克服したいという強い願いをお持ちだと思います。

もちろん、そのために様々な試行錯誤を行い、闘病を進められていることでしょう。

日々の協会活動を通じて

私はこのような「本気で元気になりたい」「本気で変形性股関節症を克服したい」と考えている患者さんたちの強い想いを痛感しております。

ただ、それと同時に、多くの患者さんが”強い想いを実際の行動に移す”際に抑えるべきポイントを抑えておらず、行動しても結果につながらないケースも見てきました。

今年の協会のテーマは「本気の患者さんを精一杯応援する」ということ。

今回は、本気で病気を克服すると決めた患者の想いを結果に結びつけるために患者が抑えるべき実践ポイントを5つお伝えします。

ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症】私の股関節の痛みの変遷と今だから伝えられる根本対処【実体験から得た知恵】

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者にとっての大きな悩み。
それが、股関節の痛みです。

病状が進むにつれ、どんどん痛みがひどくなる。
この痛みは、これからどうなっていくのか。

私自身もそうでしたが、先が見通せない状況の中暮らしていかなければならない患者さんのストレスは日々大きくなる一方だと思います。

そこで今回は

私の闘病時代、股関節の痛みがどのように変わっていったかの実体験と、今だからこそ私がお伝えできる「股関節の痛みを和らげるための根本対処」をお伝えします。

全て、私のリアルな経験です。

股関節の痛みのリアルな一つの事例を知り、さらにその根本対処を知る。
そうすることで、不安な気持ちがきっと軽くなるはずです。

股関節の痛みに悩む変形性股関節症の患者さん、ぜひご覧ください。

続きを読む

今年こそ本気で変形性股関節症を克服したい!それならメディカル・アロマケアで股関節ケアしましょう

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「今年は、本気で変形性股関節症を克服したい!」
新年が始まり、想いも新たに闘病を進める患者さんも多くいらっしゃることと思います。

そのためには、昨年末のブログでもお伝えした通り、「適切なリハビリ運動」に加えて「適切な股関節ケア」を継続していくことが非常に重要となります。

ただ、患者さんの相談を受ける中で強く感じるのが

「股関節ケア」のイメージがリハビリ運動と比べて人によって大きく違うということ。

股関節ケアについてお話すると患者さんから返ってくるのが「それで、股関節ケアって具体的に何をすればよいのでしょうか?」という質問であることからもよく分かります。

そこで今回は「適切な股関節ケア」についてお伝えします。

今年こそ、本気で変形性股関節症を克服しようと決めた患者さんはぜひご覧ください。

続きを読む

【新年のご挨拶と抱負】2023年、協会は”本気”の患者さんに向けた活動を軸に進めます!

         

 

皆様、明けましておめでとうございます。

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

本年も、元患者だからこそ分かる”本当の患者目線”を軸に、変形性股関節症の患者さんにとって本当に役立つ活動に取り組んでいきます。

今後とも、引き続きよろしくお願い申し上げます。

続きを読む

今年最後にもう一度伝えたい!変形性股関節症克服に絶対欠かせない「リハビリ運動と股関節ケアの両輪」という考え方

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

2022年ももうすぐ終わり。
時間が経つのは本当にあっという間にです。

今年も、協会の活動を通じて患者目線で本当に必要な情報提供や、変形性股関節症を克服した元患者だからこそできるサービスを提供してきました。

おかげさまでたくさんの患者さんたちから「ありがとう」のお声をいただき、これからもますます頑張っていこうと決意を新たにしているところです。

さて今回は

今年最後のブログとして、どうしても今年中にもう一度お伝えしたいことをテーマにします。
それは「股関節の運動と股関節ケアの両輪」の話。

股関節の運動は股関節ケアとセットで継続し続けていくことが本当に重要、というお話です。

このテーマは、私自身が変形性股関節症を克服する上での基礎の基礎となっているもので、これまでの協会活動を通じて、患者さんに繰り返し繰り返しお伝えしてきました。

ただ、やはりこのテーマを本当に理解し、行動に移し、結果を出すことができる患者さんはまだまだ少数だと感じております。

今回のテーマは、変形性股関節症で悩む人を減らすために、どうしてもお伝えしたい内容です。
ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症】「仕事と闘病の両立」を考える多くの患者さんが陥る思考と抜け出すヒント

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

協会活動を通じて、私はたくさんの患者さんの相談を受けています。
その中でも非常に深く悩む方が多いと感じるのが、仕事のこと。

「変形性股関節症の闘病中でも、仕事を続ける必要がある。
 ただ、身体の状態を考えるとこれまで通りに働くことは難しい。
 職場に迷惑をかけてしまう可能性も高い。
 そんな状況で、闘病と仕事をどう両立していくか。」

私自身もこの問題で非常に悩んだため、気持ちが痛いほどよく分かります。

今回は、そんな「仕事と闘病の両立」に悩む方へのお話です。
ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症】冬の寒さでひどくなる股関節痛を和らげるための”股関節の上手な温め方”3つ

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

ここ最近、本格的な寒さになってきましたね。
寒くなると、ひどい股関節の痛みを感じるようになった患者さんもいらっしゃると思います。

そんな”寒さで際立つ股関節の痛み”を和らげるために効果的なのが「股関節を温める」こと。

今回は、私が闘病時代に試行錯誤して見つけた股関節の温め方を3つお伝えします。
手軽にできる方法もありますので、ぜひお試しください。

続きを読む

【変形性股関節症】寒さから来る股関節痛に効果あり!痛みに効果的な食材6種類

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

本格的な寒さがやってきました。
朝晩の冷え込みに、股関節の痛みがひどくなったという方もいると思います。

私も闘病時代、寒さでひどくなる股関節の痛みにはずいぶんと悩まされました。
そのため、体を温めることを始めとする様々な試行錯誤を行ってきました。

その中で、私自身が効果を実感したものの一つに”股関節痛を軽くする食べ物を摂る”ということがあります。食べ物を変えることで、股関節の痛みが軽くなるだけでなく、身体によい影響が表れます。

今回は、私自身の試行錯誤から得た「股関節痛を軽くする食べ物」についてお伝えします。
最近の寒さで股関節の痛みがひどくなってきたという方、ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症】「股関節ケアって、具体的にどうすればいいのですか?」多くの患者さんから聞かれる質問に答えます

         理屈で納得!なぜアロママッサージやアロマ浴は股関節痛に効くのか?

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症で重要となるのが、適切なリハビリ運動を行うこと。
これは、変形性股関節症という病気を克服する上で避けては通れないものです。

ただ、忘れられがちなのが、リハビリ運動を行った後の股関節ケア。

リハビリ運動後に股関節ケアをきちんと行うことで、変形性股関節症を克服できる可能性が飛躍的に高まるだけでなく、股関節の痛みの根本的な対処にもなります。

この点について、当ブログの中でも「股関節の運動と股関節ケアの両輪」として何度も繰り返しお伝えしているのですが、どうもリハビリ運動に比べ、股関節ケアについては具体的なイメージがわきにくいようです。

その証拠に

協会で相談を受ける患者さんに股関節ケアの話をすると、必ずと言っていいほど「股関節ケアって、具体的にどういうことをするとよいのですか?」という質問を受けます。

今回は、この質問の答えとして私自身が最もおススメする「メディカル・アロマケア」についてお話します。

「メディカル・アロマケア」は、私自身が変形性股関節症を克服する際に非常に大きな力を発揮しました。

現在でもリハビリ運動と合わせて継続しているのですが、そのおかげで病気にかかる前よりも健康な生活を送ることができています。

患者目線で見て、メディカル・アロマケアは本当におススメできる股関節ケアの具体的/効果的な手法です。ぜひこの記事をご覧いただき、メディカル・アロマケアについて知ってください。

続きを読む

【変形性股関節症】「病状がよくならない」と嘆く患者が取りがちな行動4パターン

         【変形性股関節症と仕事】大元に立ち返る!手術で長期間仕事を休まざるを得ない場合に考えるべき2つのコト

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんの願い。
それは、病気を克服して以前のような日常を取り戻したいということだと思います。

ただ、現実には病気を克服できる人とできない人が存在します。
この違いは何なのでしょうか。

この点について、これまで協会の活動を通じて接してきた患者さんの様子から、私なりに見えてきたことがあります。

今回は”「病状がよくならない」と嘆く患者が取りがちな行動4パターン”と題して、その内容をシェアしようと思います。

続きを読む