股関節が痛い

【変形性股関節症】「病状がよくならない」と嘆く患者が取りがちな行動4パターン

         【変形性股関節症と仕事】大元に立ち返る!手術で長期間仕事を休まざるを得ない場合に考えるべき2つのコト

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんの願い。
それは、病気を克服して以前のような日常を取り戻したいということだと思います。

ただ、現実には病気を克服できる人とできない人が存在します。
この違いは何なのでしょうか。

この点について、これまで協会の活動を通じて接してきた患者さんの様子から、私なりに見えてきたことがあります。

今回は”「病状がよくならない」と嘆く患者が取りがちな行動4パターン”と題して、その内容をシェアしようと思います。

続きを読む

【変形性股関節症】寒い時期にひどくなる股関節痛を少しでも軽くする対策教えます【井口の実体験から】

         【変形性股関節症】腰痛、ひざ痛。手術後に股関節以外の痛みを感じたならパーソナルトレーナーを検討してみて!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

ここ最近、本格的に寒くなってきました。

変形性股関節症の患者にとって、寒さは大きな敵。
なぜなら、股関節の痛みを強く感じることが多くなるためです。

この股関節の痛みを何とかしようと様々な試行錯誤をしている方も多いと思います。
私も同様で、闘病時代の股関節痛対策には本当に苦労しました。

今回は、私自身の経験から得た「寒い時期にひどくなる股関節痛を少しでも軽くするための対策」をお伝えします。

股関節の痛みに悩む患者さんに、ぜひご覧いただきたい内容です。

続きを読む

【変形性股関節症】「股関節の痛みを少しでも軽くしたい!」それならメディカル・アロマケアがおススメです

         理屈で納得!なぜアロママッサージやアロマ浴は股関節痛に効くのか?

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

最近めっきり涼しくなってきましたね。

寒くなるにつれて患者さんが気になり始めるのが、股関節の痛み。
そろそろ、痛みがひどくなってきた方もいらっしゃるかもしれません。

股関節の痛みを和らげようと、様々な試行錯誤を行う方も多いでしょう。
ただ、なかなか「コレ!」という対策を見つけるのは難しいと思います。

実は、私自身がそうでした。
私も股関節の痛みを和らげるために本当にたくさんの方法を試しましたが、自分にピッタリと合うものはなかなか見つかりませんでした。

そして、本当に様々な試行錯誤の末、ようやく出会ったのが「メディカル・アロマケア」。

今日は「股関節の痛みを少しでも軽くしたい」とお考えの患者さんに向けて、股関節の痛みへの非常に優れた対処法の1つである「メディカル・アロマケア」のお話をします。

股関節の痛みに悩む患者さんは、ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症】仕事と闘病の両立を「起業」で実現したい患者さんに伝えたい”具体的な起業の進め方”

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症は、病状が進むにつれて股関節の痛みがひどくなる病気です。
そのため、進行と共にこれまで通りの日常生活を送ることが難しくなっていきます。

そうすると大きな問題となるのが「仕事をどうするか」ということ。

生活のために仕事を続ける必要があるが、今の状態ではこれまでと同じように働けない。
周りの人たちに迷惑をかけてしまう。

この悩みは、特に体を酷使する介護系などの仕事に就いている方に顕著です。

今回は

この問題を「起業」で解決しようと考える方へのお話です。

「これまで勤めていた職場を続けることが難しい」
「さらに転職するにも条件が合う職場が見つからない」
「だったら、思い切って起業して、仕事と闘病を両立できる環境を手に入れよう」

そう考える方が最初に感じる悩み「具体的にどう起業を進めればいいのか」という疑問に、当協会を含むいくつかの事業や会社を立ち上げた経験を持つ変形性股関節症の元患者である井口が、自分自身の経験を踏まえてヒントをお伝えします。

続きを読む

【変形性股関節症】たった3年で「登山やスキーを再開できた!」リハビリと股関節ケアの継続で夢を実現した患者さんの話

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために絶対に欠かせないのが「適切なリハビリ運動と股関節ケアの両輪」を継続すること。

これは本当に大事な考え方であるため、協会では、ブログを通じて何度もその内容や重要性をお伝えするだけでなく、数年前からは、この考え方に基づき実際に患者さんをサポートをするためのリハビリプログラムを提供しています。

そして現在では

最初に協会にお越しになったときには、変形性股関節症のために日常生活もままならなかった何人もの患者さんが、諦めていた「やりたいこと」を実現できるようになっています。

今回、「たった3年で実際に結果を出すことができた」患者さんにお話を伺うことができましたので、その内容を一問一答でお伝えします。

「適切なリハビリ運動と股関節ケアの両輪」を継続するときちんと”結果”につながるという一つの事例として、ぜひご覧ください。

続きを読む

変形性股関節症克服に欠かせない「適切な股関節ケア」の効果的なやり方、教えます

         股関節ケアを効果的に行うにはメディカル・アロママッサージがおススメ!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服したいのであれば、「適切なリハビリ運動」に加えて「適切な股関節ケア」を行うことが非常に重要となります。

ただ、これまで協会を通じてたくさんの患者さんと接する中で分かったのが「適切な股関節ケア」の必要性や効果的な手法について、あまり理解されていないということです。

そこで今回は「適切な股関節ケア」の必要性と効果的なやり方についてお話します。
患者さんにとっては、本当に重要な内容となります。

ぜひご覧ください。

続きを読む

寒さから来る股関節の痛みを軽くするために効果的な5つの食材

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

すっかり秋の様相ですね。
朝晩冷え込んでくると、股関節の痛みが気になる患者さんも多いのではないでしょうか。

寒さから来る股関節の痛みを軽くするには、この記事でお伝えしたように上手に温めることが有効ですが、食べ物を変えることで対処することも一案です。

今日は、股関節の痛みを軽くするための食べ物についてお話しようと思います。

日常の食卓に取り入れることのできる食べ物があれば、まずはできる範囲で日常の食卓に取り入れてみて下さいね。

続きを読む

【変形性股関節症】手術したのに”自分が思い描く状態”になっていないなら術後リハビリを見直しましょう

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

人工股関節手術。

この大きな決断をした患者さんは「股関節の痛みがなくなり、病気になる前のような日常生活が取り戻せる」と、術後の生活に大きな期待を寄せます。

ただ、術後に思い描く状態にならず、落胆する患者さんも多くいらっしゃいます。
「人工股関節手術をしたのに、まだ股関節の痛みがある。
 調子が悪い。
 こんなことなら手術をしなければよかった。」

今回は、このような患者さんに向けたお話です。
少しでも思い当たる方はぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】寒さから来る股関節の痛みを抑えるには”上手に温める”ことが大事

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

すっかり秋めいてきました。

肌寒くなる日も増え、股関節の痛みが本格的に気になり始めた方もいらっしゃるでしょう。
そこで今日は、股関節の痛みを抑えるための”上手な温め方”をお伝えします。

全て、かつて患者であった私が実際に試してよかったやり方です。
股関節痛を少しでも軽くしたい患者さん、ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】病気克服のために意識すべき3つのコトをお伝えします【私の克服経験から得た知恵】

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服したい。
それは、全ての患者さんの願いだと思います。

変形性股関節症を克服するためには秘訣があります。
それは、次の3つの内容を深く意識する、ということです。

今回は、私自身の闘病経験と、協会で接する患者さんの様子から得た知恵をお伝えします。
ぜひご覧下さい。

続きを読む