股関節が痛い

【変形性股関節症】術後、思い描く生活を送りたいなら”自立型リハビリ+股関節ケア”の継続が必須です

         今年中にもう一度どうしても伝えたい「股関節の運動と股関節ケアの両輪」の話

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「人工股関節手術で、あのひどい股関節痛から解放される!」

そう思って手術したのに、まだ股関節の痛みがある。
調子が悪い。こんなことなら手術をしなければよかった。

協会を通じて変形性股関節症の患者さんの相談を受ける中で、しばしば耳にする内容です。

実はこの悩みは

大多数が術後のリハビリに問題があるために起こります。

続きを読む

【変形性股関節症】股関節ケアを効果的に行いたいなら”メディカル・アロマケア”が絶対おススメです

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病のキモは、適切なリハビリ運動を行うこと。
そして、リハビリ運動と対をなす変形性股関節症克服のキモが、運動後に股関節周辺の筋肉のケアを行うこと。

この「リハビリ運動と股関節ケアの両輪」という考え方について、私はこれまでブログで何度もお伝えしてきました。

最近、ほんの少しずつではあるものの、この考え方に共感して下さる方が増えてきたことを感じております。

そこで聞かれることが増えたのが「股関節ケアって具体的にどんなことをすればいいのですか?」ということ。

これは、実際に股関節ケアに取り組もうと考える患者さんが一度は持つ疑問です。
そこで今回は、股関節ケアの具体的な手法として非常に効果的な「メディカル・アロマケア」についてお話します。

続きを読む

【変形性股関節症】気分の落ち込みを何とかしたい。それなら無理にでも「笑い」ましょう

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私が変形性股関節症の闘病中、キツイと感じたことはたくさんありました。
中でもつらかったのが、前向きな気持ちを持てないことでした。

ひどい股関節の痛みで日常生活もままならない。
家族や周りの人に迷惑をかけながら、申し訳ない気持ちを抱えての生活。
さらに、これから先どうしたらいいのかも見通せず、希望も持てない。

こんな生活では、当然ですが前向きな気持ちを持つことはできませんでした。

「このままではいけない」

そう感じた私が前向きになるために試行錯誤した結果、行きついた答えが「笑う」こと。
闘病経験を通じて、私は「笑うこと」が本当に効果的であることを実感しました。

ツラくても、無理にでも笑う。
つらい時こそ笑う。
そうすることで、私自身が本当に救われました。

今日は、闘病で落ち込みがちな気持ちを「笑う」ことで立て直すために役立つお話です。
ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】患者が最低限知っておくべき「手術と保存療法」の話

         【皆さまへのお願い】変形性股関節症の患者さんの悩みを少しでも軽くするために!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の治療には、大きく2つの方向があります。
それが、人工股関節手術と保存療法です。

手術か保存療法か、その判断は患者自身の今後の人生の質を大きく変えるものとなりますが、それ故に、患者は手術と保存療法について最低限の情報を知っておく必要があります。

今日は、患者が最低限知っておくべき「手術と保存療法」に関する内容をまとめました。
この記事の内容をきちんと理解して、アナタの闘病にお役立て下さい。

続きを読む

人工股関節手術直後から”普通の日常生活”を取り戻すキモは「きちんとしたリハビリ運動」

         変形性股関節症で股関節痛に悩んでいるなら「笑って」「希望」を持とう

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「手術が終わって、あのつらい股関節の痛みから解放される!」
「これからは普通に日常生活を送ることができる!」

長年変形性股関節症に悩んでいた患者さんは、人工股関節手術後にそう感じることでしょう。

ところが実際には、術後思い描いていた普通の日常生活が送れなかったり、股関節以外の箇所の調子が悪くなったりする患者さんが多いです。

実は、人工股関節の手術後に”普通の日常生活”を取り戻すにはリハビリ運動がキモになります。

変形性股関節症の両側人工股関節手術後、”普通の日常生活”を取り戻すことができた私自身の実体験から得た内容です。

ぜひご覧ください。

続きを読む

「私は変形性股関節症?」病気に初期段階で気づくためのに3つの兆候を教えます

         「お客様は誰?」ターゲットを明確にすることは本当に大切です

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症は、かなり進んでから自覚症状が表面化する病気です。
私自身の経験からも、初期は自覚症状が全くなかったため、気づきもしませんでした。
病状がかなり進んで突然歩けなくなって初めて、病気が分かったのです。

ただ、変形性股関節症は早期に発見することができれば、手術を回避し、日常生活レベルを維持できる可能性が高くなります。

今日は、変形性股関節症に初期段階で気づくための3つの兆候をお伝えします。
もし当てはまるようであれば、すぐに整形外科を受診して下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】心から伝えたい!「股関節の違和感」にすぐ対処することは本当に重要です

         寒さ本番。股関節の痛みがひどくなったら試すべき2つの使い捨てカイロ

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

歩く、座る、立ち上がるなどの日常生活動作を一人で問題なくこなせること。
これは、日常生活を普通に送るために非常に重要なことです。

なぜなら、日常生活動作を一人でこなすことが難しくなると、最悪、寝たきりの介護生活につながることもあるためです。

私も闘病時代、特に末期は日常生活動作がうまく行えず、本当にツラい思いをしました。
今日は、そんな体験を踏まえた記事です。

「股関節がいつもと違う。なにか痛い感じがする」
と感じることがある方にぜひご覧いただきたい内容です。

続きを読む

【変形性股関節症】何故、病院や理学療法士への依存度が高い人ほど病状はよくならない?

         【ニュースに思う】保険外リハビリサービスを行うリハビリ施設が開設

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

もしかしたら、今回の内容は、ちょっとキツい言葉に感じるかもしれません。

ただ、私はこれまで、このキツい言葉が当てはまるケースをたくさん見てきました。

変形性股関節症の患者さんは、皆さん、自分の病状をよくしたいと考えているはずです。

ぜひこの記事をご覧いただき、ご自身について振り返って下さい。

続きを読む

変形性股関節症と診断されたアナタへ伝えたい熱い想い

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

このブログにやっとたどり着いていただけましたことに、心から感謝申し上げます。

病院や整形外科クリニックで

変形性股関節症と初めて診断されたとき、本当にショックだったと思います。
私も2007年に同じ想いを経験したので、その気持ちは本当によく理解できます。

そして、変形性股関節症についてネットで検索しても、出てくるのは病院やクリニックの名前や難しい研究論文の情報ばかり。

これから先、自分自身がどのような道を進んでいくのかが全く分からず、深い闇の中に突き落とされたような気持ちになったことでしょう。

続きを読む

【変形性股関節症】体を動かしたくなるこの時期「運動量を急に増やしすぎない」ことに気を付けて!

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

最近、すっかり春めいてきました。
そうすると、体を動かしたい気分になることも増えると思います。

体を動かすことはよいのですが、一つ注意があります。
それは、運動量を急に増やしすぎない、ということです。

特に、変形性股関節症の患者にとっては非常に重要なポイントですので、ぜひご覧下さい。

続きを読む