変形性股関節症のリハビリ

手術か保存療法かのどちらを選んでも「リハビリ運動+股関節ケアの両輪」が必要!

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私が股関節の痛みに耐えながら仕事を続けているとき

「このまま保存療法を続けてもいずれ歩けなくなって、介護が必要になるのでは?」という不安がよぎりました。

変形性股関節症の進行期になると少しずつ股関節の痛みがひどくなるので、私と同じように感じている患者さんもいるのではないでしょうか。

続きを読む

変形性股関節症患者に多い、出っ尻とそり腰について

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私は若い頃から出っ尻(でっちり)とそり腰でかなり悩んでいました。

協会のメディカル・アロマケア体験会に参加される患者さんの姿を拝見していると、私と同じような悩みを持っている方が実に多いということに驚いています。

これは、変形性股関節症患者の特徴のように思われます。

続きを読む

リハビリは依存型から自立型で取り組むことが重要!

リハビリは依存型から自立型で取り組むことが重要!

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんは

病院に行ってリハビリすればそれでよしと考えている方が非常に多いと思います。

ただ、私の経験から申し上げると、それでは絶対に完全復活は見込めません。
なぜなら、病院任せのリハビリではリハビリの量が圧倒的に少ないからです。

続きを読む

変形性股関節症のリハビリ、基礎の基礎を知るための3つ記事

変形性股関節症のリハビリ、基礎の基礎を知るための3つ記事

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

適切なリハビリと股関節ケアの両輪を継続的に行うこと。
これは変形性股関節症の患者が日常生活を支障なく過ごすために本当に重要です。

ただ、患者さんからご相談を受ける中で、
「リハビリって何をするの?」
「リハビリって本当に意味があるの?」
といった、そもそも論について質問されることがあります。

そこで今日は、変形性股関節症のリハビリについての基本的な知識をお伝えしようと、3つの記事をまとめてみました。
ぜひ、この機会にリハビリの基礎知識を身につけて下さい。

続きを読む

リハビリ運動が効率的にできる呼吸法「腹式呼吸」

リハビリ運動が効率的にできる呼吸法「腹式呼吸」の話

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

今日は私が普段おこなっている呼吸法についてお伝えしたいと思います。

呼吸法には、胸式呼吸法と腹式呼吸法の2つがありますが、最初の胸式呼吸法は肩で息をするような効率の悪い呼吸法です。
疲れやすく息切れが強くなり、肺の機能を低下させてしまいます。
この胸式呼吸法は、コロナ対策には向いていません。

もう一つの「腹式呼吸」が今日お伝えしたい呼吸法です。

続きを読む

トレーニングの原理・原則ってご存じですか?

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

昨年から

メディカル・アロママッサージのお客様が増えてきました。
そこでさらに体力をつけるため、現在トレーニングの回数を増やしています。

以前だったら施術後、直ぐ疲れてしまっていたのですが、最近はメディカル・アロママッサージを4時間ぐらい続けても大丈夫な体力がついてきたように感じています。
これも、トレーニングの原理・原則にのっとってリハビリ運動を継続してきたからだと思います。

変形性股関節症の患者さんにとって、このトレーニングの原理・原則を知ることでさらに効果的なトレーニングができるはずです。

ぜひ知っておいてください。

続きを読む

リハビリ運動が続かない?それならまず目標設定から始めましょう

リハビリ運動が続かない?それならまず目標設定から始めましょう

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私は以前、別会社で介護施設向けにイベントを企画し提供するサービスを行っていたことがありました。

そして、その仕事がきっかけで介護旅行の企画会社の社長さんとお会いする機会がありました。
その方は、在宅や施設で体に不安を抱えている高齢者の旅行に同行するサービスを提供されていました。

私はそのサービスを聞いた時に「本当に素晴らしい!!」と感動したことを覚えています。

続きを読む

現状の筋力まで回復できた理由とは!

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私は子供時代

運動が大の苦手でした。

徒競走で1位を取ったことなどありません。
せいぜい2位を取って喜んだ記憶があるだけです。

大人になってもお付き合い程度でテニスやゴルフを楽しむぐらい。
特に、何かスポーツをしたという記憶もありません。

結婚してアメリカに住んでいた1年半の間に
夫婦でゴルフを楽しんだぐらいです。

続きを読む

「リハビリ運動+股関節ケア」の継続は環境作りが必須

変形性股関節症を本気で克服するためは4つのテーマを意識すべき

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

新型コロナウィルス対策で行動制限の日々ですが、こんな時ほど平常心で物事に取り組むことが大切ですね。

もし在宅でお仕事をされている方であれば、これを機に「リハビリ運動+股関節ケアの両輪」をぜひ試してみて下さい。

続きを読む

変形性股関節症を克服する!「変形性股関節症のリハビリ」を成功させるための必読記事まとめました

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するための根本的な対処は、やはり正しいリハビリ運動と股関節ケアの両輪を継続すること。

私自身がこのことを実践し、現在では同年代の健康人と同じ筋肉量を獲得、ハードな運動もできるようになっているからこそ、自信をもって言えることです。

今日は、そんなリハビリ運動に関する必読の記事まとめました。
ぜひ変形性股関節症を克服するためにお役立て下さい。

リハビリに関する必読記事

【まとめ】変形性股関節症のリハビリに関する記事3選

何度でもお伝えします。術後のリハビリは継続して取り組むことが本当に大事です

【変形性股関節症のリハビリ】入院中のリハビリはとにかく積極的に!術後の回復が本当に違います

忘れがちだけど大事!変形性股関節症のリハビリでは”動き方の癖”改善を意識する

変形性股関節症への最適解。”アロマ浴+マッサージ“という股関節ケアは本当におススメ

変形性股関節症、これだけは意識して!「股関節の運動と股関節ケアは両輪です」

【驚きの結果】6年正しくリハビリを継続したら・・・健康な人と同じ筋肉量を取り戻すことができました【実体験】

【変形性股関節症のリハビリ】意識してください!人工股関節手術の後こそリハビリが大事だということ

ぜひこのまとめ記事を

あなたのリハビリに取り入れてみて下さい。

この記事が少しでも役に立つことを願っています。

井口のリハビリ運動の様子をお伝えします

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス