変形性股関節症のリハビリ

【変形性股関節症のリハビリ】股関節痛をかばうために身に着いた「動き方の癖」はなかなか治らない

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の手術が終わった。
これで、あの股関節痛から解放される。

そう思っていたのに、なぜか手術後も体が痛い。
股関節の痛みはなくても、膝や腰、体のいろんなところが痛くなった。

そんな悩みを抱えているアナタ。
その悩みは、股関節痛をかばうために「変な動き方の癖」がついているためかも知れません。

今日は、私の実体験から、そんな「動き方の癖」のお話をしようと思います。
ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】リハビリが継続できないと悩むなら「目標設定」すべし

たくさんの悩みで押しつぶされる前に「悩みの縦書き」がおススメです

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の保存療法や人工股関節手術後のリハビリをされている方にとって、リハビリを継続する難しさを感じている人も多いのではないでしょうか。

リハビリは継続していけば、必ず結果がついてきますが、ほとんどの人は、結果が出る前に止めてしまいます。

今日は、そんなリハビリを継続するための有効な方法「目標設定」についてお伝えします。

リハビリの必要性はわかっているものの、なかなか続けられない。。。
そんな方はぜひご覧下さい。

続きを読む

新聞記事「変形性関節症、週に1時間以上の運動で障害リスク低減!?」に思う

新聞記事「変形性関節症、週に1時間以上の運動で障害リスク低減!?」に思う

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

先日「変形性関節症、週に1時間以上の運動で障害リスク低減!?」という見出しの新聞記事を見つけました。

変形性関節症は、進行すると歩行や日常生活動作ができなくなり普段の生活において介助が必要になることもあります。

運動でこのリスクを減らすことができるというこの記事。
今回は、私なりの見解を加えてお伝えしたいと思います。

ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】”病院選び”より”医者選び”が重要!その理由をお伝えします

人工股関節手術の最新技術「ナビゲーションシステム」とは?

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

最近、協会にご相談にいらっしゃる患者さんの話を伺っていると、病院の名前で判断される方が非常に多いことに驚きを隠せません。

そこで今日は、変形性股関節症に立ち向かい克服するためには「病院選びより医者選びが重要である」ということをお伝えしようと思います。

特に手術前の患者さんはぜひご覧下さい。

続きを読む

闘病中に身についてしまった”動き方の変な癖”を直すためのヒント

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症は、長い期間をかけて進行していく病気です。
そして、その過程でひどい股関節の痛みが襲ってきます。

股関節痛に対応するために、ほとんどの患者さんは股関節痛をかばうための”動き方の変な癖”を身につけてしまっています。

この癖は、長い時間をかけて身についただけに、直すのが本当に難しいです。

今日は、そんな”動き方の変な癖”を直すためのヒントをまとめました。
ぜひご覧下さい。

続きを読む

【股関節ケアの具体策】メディカル・アロママッサージのススメ

【股関節ケアの具体策】メディカル・アロママッサージのススメ

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

これまで何度もお伝えしていますが、変形性股関節症では股関節周りの筋肉強化が重要です。
そして、その際に欠かせないのが股関節ケア。

そんな股関節ケアを効果的に行うためによいのが、メディカル・アロママッサージです。

変形性股関節症による股関節痛に運動と股関節ケアで根本対処したいとお考えであれば、ぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症のリハビリ】技術のある治療家を探すのは本当に難しい、というお話

【変形性股関節症のリハビリ】技術のある治療家を探すのは本当に難しい、というお話

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

昨日、私が大変信頼している柔道整復師の先生とじっくり話をする機会がありました。
その中で印象に残っているのが、技術のある治療家がどのくらいいるのか、という内容。

先生に
「整骨院、整体院は本当にたくさんありますが、技術のある治療家を探すにはどうしたらよいのでしょうか?」と尋ねたところ、先生から帰ってきたのは次の言葉でした。

「100件のうち5件ぐらいが治療できる技術を持っている感じですね。」

変形性股関節症に立ち向かうにはリハビリ運動が非常に重要なのですが、実際に技術のある治療家を探そうと思うと至難の技です。

今日は、そんなお話をしようと思います。
ぜひご覧下さい。

続きを読む

「股関節の運動と股関節ケアの両輪」の話。しつこいですが本当に大事なので何度でもお伝えします

「股関節の運動と股関節ケアの両輪」の話。しつこいですが本当に大事なので何度でもお伝えします

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

日々、協会で様々な変形性股関節症の患者さんの相談を受けていると、繰り返し実感することがあります。

それは「股関節の運動と股関節ケアを継続することの重要性が伝わっていない」ということ。
これは、本当に本当に大事なことなのですが、やはりまだまだ伝わっていません。

そこで今日は、再度「股関節の運動と股関節ケアの両輪」の話をお伝えします。
股関節の運動は股関節ケアとセットで行うことで非常に効果がでるよ、というお話。

変形性股関節症で悩む人を減らすために、どうしてもお伝えしたい内容です。
ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】リハビリの継続ができる人、できない人の違いとは?

【変形性股関節症】リハビリの継続ができる人、できない人の違いとは?

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私は、これまでずっと「変形性股関節症の患者にとって、リハビリ運動と股関節ケアの両輪を継続することが何より大事」とお伝えし続けてきました。

そして、分かったことがあります。
それは、同じことをお伝えしても、リハビリを継続できる人とできない人がいる、ということ。

今日は、これまでの私の経験を通じて実感した”リハビリを継続できる人とできない人の違い”をお伝えします。

継続したリハビリ運動は本当に重要です。
この記事を、ぜひ継続的なリハビリ運動に取り組むきっかけにして下さい。

続きを読む

継続は力なり!人工股関節手術後のリハビリを続けることで得られる3つのメリット

継続は力なり!人工股関節手術後のリハビリを続けることで得られる3つのメリット

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「継続は力なり」
これは、昔から言われてきた言葉です。

自分自身のこれまでの経験を鑑みても、日々協会の活動を通じて関わる変形性股関節症の患者さんのケースを見ても、継続的なリハビリを行うことは必須です。

ところがよくあるのが「人工股関節手術の退院後、しばらくするとリハビリを継続しなくなってしまう」ということ。

私自身、これは本当に大きな問題だと考えています。

そこで今日は、変形性股関節症の患者が退院後にリハビリを継続することで得られる3つのメリットをお伝えしようと思います。

ぜひご覧いただき、継続的なリハビリを行うきっかけとして下さい。

続きを読む