股関節の痛み

【変形性股関節症の実体験より】私が手術への不安を感じなかった2つの理由

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の手術が決まった。
ただ、手術に対する不安な気持ちを抱えている。

これは、多くの変形性股関節症手術前の患者さん、特に初めての手術となる患者さんにとって共通する悩みだと思います。

ところが、私の場合は手術前の不安は一切ありませんでした。

今日は、私が手術に対する不安を感じることがなかった2つの理由をお伝えします。
手術前の患者さんは、ぜひ参考にして下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】薬に頼らず股関節の痛みを和らげたいならメディカル・アロマケアがおススメです

         股関節ケアを効果的に行うにはメディカル・アロママッサージがおススメ!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんにとって、股関節の痛みは悩みのタネだと思います。
私自身も、闘病時代、特に進行期以降は股関節痛に非常に悩まされました。

ただ、飲み薬や注射などによる身体への負担を考えると、どうしても痛み止めの薬やヒアルロン酸注射を使うことは選択肢とはなりませんでした。

そんな私が試行錯誤の末、最終的に行きついたのがメディカル・アロマケアでした。

今日は、薬に頼らない股関節の痛みへの対処法であるメディカル・アロマケアの話です。
股関節の痛みに悩む患者さんは、ぜひご覧下さい。

続きを読む

元患者の実体験「変形性股関節症の痛みがどういう症状で進んだか?」

         「起業する」と決めた変形性股関節症のアナタが感じる不安と対処法を教えます

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症と診断された患者さんは、きっと「これからどうしていいのか分からない」と途方に暮れていると思います。

これから、症状がどのように進んでいくのか。
それがわからない状況では、恐怖や不安が大きくなるばかりです。

今日は、そんな患者さんに向けて、元患者である私自身の症状を、気を付けたい生活上のポイントと併せてお伝えします。

変形性股関節症のリアルな症状の進み方の一つの具体例を知ることで、アナタの不安が少しでも軽くなることを願っています。

続きを読む

【変形性股関節症】春は日常生活の過ごし方を見直すのにいい時期です

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

季節は、すっかり春になりました。
何か新しく始めるには非常によいこの時期。

変形性股関節症の患者さんにとって、このタイミングで一度日常生活の過ごし方を見直してみるのは有益だと思います。

毎日の生活の過ごし方が変われば、つらい闘病生活も少し楽になるはずです。

そこで今日は、日常生活を見直すために読んでおきたい5つの記事をまとめました。
ぜひご覧ください。

続きを読む

変形性股関節症克服に最も重要な考え方「リハビリ運動と股関節ケアの両輪を継続する」

         渡り鳥を続けている方へのアドバイス

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の克服に最も重要なのが

リハビリ運動と股関節ケアの両輪を継続する」こと。

私自身、この考え方を徹底することによって変形性股関節症を克服し、今では同年代の健常者と同じ筋肉量にまで回復しております。

また、協会でサポートしている変形性股関節症の患者さんも、この考え方に沿ったプログラムに取り組むことで大きな結果を出している方が増えています。

この経験を通じて

私はこの「運動と股関節ケアの両輪」という考え方を、変形性股関節症の患者さんにとっての”常識”にしたいと考えております。

今日は「リハビリ運動と股関節ケアの両輪の継続」についてお伝えします。
変形性股関節症の患者さんに、この非常に重要なポイントをぜひ理解して欲しいです。

続きを読む

【私の実体験】股関節の痛みをコントロールする方法を教えます

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私は2007年に変形性股関節症と診断されてから

ずっと医者探しの旅を続けていました。

ようやく主治医が見つかったのが、2010年6月。

その時には、もう症状がかなり進んでいました。
主治医が言うには、変形性股関節症の末期のため即手術をした方がよいとのこと。

その際、主治医から
「かなり痛いでしょう。痛み止めは必要ありませんか?」
と尋ねられました。

ただ、私は処方をお断りしました。
なぜなら、自分なりに痛みのコントロールができていたためです。

続きを読む

股関節痛に悩む患者さんへ。理想的な股関節ケア「メディカル・アロマケア」に取り組んでみませんか?

         【すぐできる】変形性股関節症のためのアロマ浴「アロマ手浴」

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症患者にとっての非常に大きな悩みである股関節痛。
この股関節痛は、適切なリハビリ運動と股関節ケアを両輪として継続することで軽減できます。

そして、両輪の一つである股関節ケアの具体的な手法がメディカル・アロマケア

アロマケアはヨーロッパでは医療分野の一つとしても認識されており、私自身も闘病中から現在まで継続していますが、本当に高い効果を実感できております。

今日は、そんなメディカル・アロマケアのお話です。
股関節痛に悩む患者さんはぜひご覧ください。

続きを読む

【変形性股関節症と仕事】闘病生活との両立を考えると”起業”は有効な選択肢の一つです

         負けないで!変形性股関節症になることで得るものもきっとある!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病生活で非常に悩ましいのが、仕事の問題です。

これまで通りの仕事を行うことが難しくなる状況の中、どうやって変形性股関節症の治療と仕事を両立させていくか。

特にコロナ禍の現在、闘病と仕事の両立がますます難しくなっています。
仕事そのものの見直しをされている患者さんも多いのではないでしょうか。

実は、そんな状況下で有効な選択肢となるのが”起業”です。
なぜなら、自分の体調や闘病生活を踏まえた形で仕事を進めやすいためです。

今日は、変形性股関節症の患者さんが「起業」をしようと考えた場合にどのように進めたらよいのかについて、私の経験を踏まえて8つのステップでお伝えします。

これからの仕事をどうするか悩んでいる患者さんは、ぜひご覧下さい。

続きを読む

変形性股関節症が「自己成長」につながる

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

昨日は月2回のパーソナルトレーニングの日でした
振り返ると、2013年から開始した筋力トレーニングは、2021年5月で8年目となります。

「よくまあこんな長い年数を続けられたなあ」と自分でもビックリしているところです。

続きを読む

”自分主体のリハビリ”は本当に大事!自分主体でリハビリに取り組むための8記事

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

リハビリ運動と股関節ケアの両輪。
これは、変形性股関節症を克服するために最も重要なポイントです。

特にリハビリについては、今後の国の医療費削減も踏まえ、自分自身が主体となって取り組んでいくことが非常に大事になります。

ところが、私が変形性股関節症の患者さんと関わる中で感じるのが、まだまだ自分主体でリハビリに取り組んでいらっしゃる方は少ないということです。

そこで今日は、リハビリを自分主体で行うために必要な内容を8つの記事でまとめてみました。

どれも重要な内容ですので、ぜひご覧ください。

続きを読む