人工股関節手術が終わったら「リハビリ運動と股関節ケア」を強く強く意識して!

人工股関節手術が終わったら「リハビリ運動と股関節ケア」を強く強く意識して!

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「私は人工股関節手術が終わったからもう大丈夫。」
これは、術後の患者さんと接しているとよく耳にする言葉です。

実は、この意識は非常に危険です。
なぜなら、この意識はリハビリ運動を日常生活から遠ざけてしまうからです。

今日は、人工股関節手術後に強く意識する必要のある「リハビリ運動と股関節ケア」のお話。
術後の方は、特にしっかりお読み下さい。

私は

2010年に左側、2012年に右側を人工股関節にしました。
そして、術前はもちろんのこと、術後のリハビリ運動、現在においても運動を続けています。

これは、私自身が人工股関節手術後のリハビリ運動を強く意識しているためです。

なぜなら、リハビリ運動が不足すると、特に闘病期間が長い場合は歩行時の体の傾きが残ってしまう場合があるから。
さらにそのまま放置していると、股関節以外のところにも影響が出て二次的なリスクが高まるから、なのです。

つまり

悪い股関節だけ取り変えても体全体が整っていなければ、他の部分に影響が出てきます。
その結果、日常生活に支障がでるようになります。

だからこそ、「リハビリ運動と運動後の股関節ケア」が術後は最も重要なものになるのです。

しかしながら

リハビリ運動は、運動であれば何でもよいというわけではありません。
それぞれの股関節の状態に応じた運動をする必要があります。

必ず技術のある専門家からの定期的な指導を受けながら、リハビリ運動に取り組んでください。
そうすることで人工股関節の摩耗を防げますし、もう片方の股関節の状態も安定していきます。

我流や自己流で取り組むのは逆効果になりますので、絶対に止めてくださいね

ご自身で判断ができなければ、協会の個別相談などもご利用いただければと思います。

以前から何度もお伝えしているように

「手術が終わったらそれで終わり」ではありません。

あなたの股関節の状態に合った「リハビリ運動」+「股関節ケア」が本当に大切です。
このことを強く強く意識してください。

今回の記事があなたの股関節人生において役立つことを願ってやみません。

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

SNSでもご購読できます。