股関節の状態に合ったリハビリ運動

【変形性股関節症の手術】術後はリハビリ運動だけではダメです

【変形性股関節症の手術】術後はリハビリ運動だけではダメです

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

前回のブログでも書きましたが、術後の経過が思わしくないのはリハビリの運動量が足りないことが原因です。

このようなことをいうと

変形性股関節症の患者さんはリハビリをとにかく一生懸命にやればよいと思いがちです。

ただ、実際はそうではありません。
なぜなら、その人の股関節の状態に合わせた適切な運動量があるので、過度に取り組めばかえって逆効果になってしまう場合があるからです。

続きを読む

術後の経過が思わしくないのには原因があります

術後の経過が思わしくないのには原因があります

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

最近

変形性股関節症の患者さんのSNSの投稿を拝見していて感じることは、術後の経過が思わしくない患者さんが多いことです。

「人工股関節手術をすれば股関節の痛みがなくなると思っていたけど、痛みがあって調子が悪い。」
「こんなことなら手術をしなければよかったと後悔している。」

このような言葉をよく目にしますが、これは本当に股関節の痛みなのでしょうか?
もしかするとこれは、筋肉の痛みだということに気づいていないのかもしれませんね。

病院のリハビリだけに依存しているとこうなることがあります

私の場合は、術後全く痛みもなく、手術の傷口ですら痛みを感じたことがありません。
先ほどの投稿を拝見していると、何だかこのような意見を投稿することさえ気が引けてしまいます。

私の経験から申し上げると

術後のリハビリは、病院のリハビリだけでは全く足りません。

もし術後のリハビリを病院で受けているとしても週に1回、20分程度のリハビリでは、患者さんが望む仕上がりイメージには到底たどりつけません。

現在、私が40~45キログラムの重さを持ってスクワットできる状態になるまでには、相当な時間と努力を重ねてきました。

その経験を踏まえて、協会に定期的にご相談にお見えになっている患者さんには、毎日のリハビリ運動と股関節ケアをするように
アドバイスさせていただいております。
その結果、ほぼ全員が回復傾向にあります。

ご自身で術後の回復が良くないと感じている方は

以下の点が欠けている可能性があります。

1.入院中のリハビリ運動の量が全く足りていない
2.毎日のリハビリの運動量が少ない
3.リハビリ運動の方法が間違っている
4.毎日リハビリをしたら、その後すぐに股関節ケアをしていない
5.病院のリハビリだけに頼っている
6.現在の痛みの原因がどこから起因しているのか分からない

上記6つのうち1つでも当てはまることがあれば、
あなたが現在行っているリハビリ自体を見直す必要があると思います。

最近ご相談を受けたリハビリの事例においても

病院で行っているリハビリの方法が間違っていて、患者さんの股関節の状態をさらに悪化させてしまっているケースがありました。

このように病院のリハビリが絶対に正しいとは言えない可能性もありますので、ただ漠然と悩む毎日を過ごされているのであれば、是非、一度、協会の個別相談メディカル・アロマケア体験会に参加してみることをおススメします。

「悩むなら行動せよ!」ですね。

最近の患者さんの悩みをうかがっていると

病院依存のリハビリから自立型リハビリに変わっていかなければいけない時代に入ってきているように思います。

今後のリハビリ生活において、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

今日のリハビリ運動

今日は、スクワットバー担ぎです。
今回の重量は、24キログラムとなっています。

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

股関節ケアをしようと思ったら「メディカル・アロマケア」は最善の一手です

【すぐできる】変形性股関節症のためのアロマ浴「アロマ手浴」

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために本当に大事なのが、リハビリ運動+股関節ケアの両輪の継続。
これまでに何度もお伝えしていますが、それほどに大事なポイントになります。

そして私が、両輪の一つである「股関節ケア」を最も効果的に行うための方法だと考えているのが「メディカル・アロマケア」。

今日はその「メディカル・アロマケア」についてまとめてみました。
変形性股関節症とうまく付き合うために、ぜひご覧ください。

続きを読む

変形性股関節症で歩行が辛い方へ

変形性股関節症で歩行が辛い方へ

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症と診断された患者さんなら「歩く度に痛くなる」という経験があると思います。
もちろん私の場合も、変形性股関節症の進行期、末期の状態で同様な辛さを感じていました。

続きを読む

変形性股関節症、手術するか保存療法で行くかを判断する前に読むべき7記事

ビジョン・ストーリークラブ

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために避けて通れないのが、手術か保存療法かの判断。
特に、病状が進めば進むほど慎重な判断が必要になります。

今日は、手術か保存療法で行くかを判断する上で知っておくべき内容をまとめた7つの記事をピックアップしました。

これらの記事を熟読し、変形性股関節症をうまく克服する一助としていただければと思います。

続きを読む

【変形性股関節症】歩けないほどの股関節痛になる前に「リハビリ運動と股関節ケア」を始めましょう

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の病状が進むと、股関節痛がひどくなっていきます。
私も経験しましたが、あまりの痛みで歩けないこともあるくらいの痛みです。

そうなる前に意識してやっておくべきことが、これまで何度もお伝えしている「リハビリ運動と股関節ケア」。

即効性があるものではありませんが、根本的な対処になるものであるため、ぜひ変形性股関節症と診断されたときから取り組んでいただきたいと確信しております。

今日は、なぜ私がそのように確信するに至ったのかをお伝えします。
ぜひご覧ください。

続きを読む

股関節の痛みと上手に付き合うために欠かせない「股関節日記」の話

股関節の痛みと上手に付き合うために欠かせない「股関節日記」の話

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

2010年に最初の人工関節手術を受ける1年ぐらい前から

次第に股関節の痛みがひどくなってきた私は、股関節日記をつけることにしたのです。

股関節日記といっても、簡単な表をオリジナルで作成したもの。
私が提唱している「リハビリ運動+股関節ケアの両輪」が出来ているかどうかをチェックして、さらに、毎日の歩数も記入するできるようにした日記です。

これを手術までの1年間、さらにもう片方の股関節手術までの1年半の間、記録し続けました。

続きを読む

渡り鳥を続けている方へのアドバイス

渡り鳥を続けている方へのアドバイス

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

いよいよ7月に入りましたね。

夏は、冬に向けて股関節対策をする最適な時期ですので、協会のメディカル・アロマケア個別体験会に参加される方が増えてきております。

メディカル・アロマケア個別体験会に参加される方の傾向について少し気になったことがありましたので、今回、お伝えしますね。

続きを読む

”変形性股関節症の初期”と診断されたアナタへ伝えたいこと

”変形性股関節症の初期”と診断されたアナタへ伝えたいこと

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

股関節の痛みで病院に行ったところ、先生から伝えられた「変形性股関節症の初期」診断。
きっと、戸惑われていることと思います。

実は、変形性股関節症の初期にこそ意識すべきことがあります。
今日は、そんな患者さんに向けた内容です。

続きを読む

変形性股関節症の患者が”起業”するための8ステップ

握手

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

先日、「変形性股関節症の患者が”コロナとの共生”を踏まえた今後の仕事について考えるときの5つのヒント」という記事をまとめました。

中には、記事を参考にしながら今後の仕事の進め方を見直してみた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そして、仕事の見直しの際にぜひ選択肢の一つにいれていただきたいのが”起業”。
起業することで、変形性股関節症の患者のように制約がある場合でも、働きやすくなる場合があります。

今日は、変形性股関節症の患者が起業をする際の取り組み方についてまとめてみました。

続きを読む