股関節の状態に合ったリハビリ運動

【ニュースに思う】ロボットアームを備える新ナビゲーションシステムを活用した整形外科手術が初の保険適用

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

以前、このブログでナビゲーションシステムについてご紹介いたしました

このナビゲーションシステムは、人工股関節全置換術や人工膝関節全置換術などに使用されており、現在再置換を除いた人工股関節全置換術は、日本では年52,500件、人工膝関節の場合は、年80000件行われています。

今回は、そのナビゲーションシステムにさらにロボットアームを追加したシステムが初の保険適用になるというニュースについてお伝えします。

続きを読む

自分の股関節と向き合うー股関節日記のススメ

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

協会で定期的にご相談を受ける患者さんにおススメしている方法の1つが、股関節日記です。
私がオリジナルで作成したシートに毎日記入していただくという簡単なメモ日記です。

続きを読む

「寒くなるとリハビリ運動が激減してしまう」そんな悩みを解消する方法はコレです

今がチャンス!寒い冬に向けた股関節痛に備えて運動をしましょう!

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんなら実感されていると思いますが、寒くなると股関節の痛みがひどくなりますよね。
そうすると、どうしてもリハビリ運動から遠ざかってしまいがちです。

リハビリ運動から長期間遠ざかってしまうと筋力が低下し、股関節への負担がさらに増します。
結果、股関節の痛みがますますひどくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

そこで今回は、協会にご相談にお見えになる患者さんに指導している方法をこっそりとお伝えしますね。

続きを読む

アナタの人工股関節を一日でも長く保つために役立つ3つの取り組み

アナタの人工股関節を一日でも長く保つために役立つ3つの取り組み

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

人工股関節の手術を受けた変形性股関節症の患者さん。
その共通の願いは、再置換手術はしたくない、ということではないでしょうか。

今日は、そんな人工股関節手術後の患者さんに向けて、人工股関節を一日でも長く保つために役立つ3つの取り組みをお伝えします。

ぜひご覧ください。

続きを読む

股関節が原因で車の踏み間違え事故多発?

股関節が原因で車の踏み間違え事故多発?

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

新年早々、ある記事を読んで驚きました。
それは、股関節の可動域が原因でアクセルとブレーキの踏み間違えてしまい、事故が多発しているという内容でした。

続きを読む

繰り返しお伝えします。人工股関節手術後のリハビリは本当に大事です

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私がこれまで訴え続けてきたことの一つに「人工股関節手術の後こそリハビリは大事」ということがあります。

というのも、手術をすれば股関節の痛みがなくなる上に、退院して日常生活に戻るとリハビリを忘れてしまう方が多いからです。
回復段階に合った適切なリハビリ運動が不足してしまうと、体に変な癖が残ってしまったり、最悪の場合は人工股関節の再置換が必要となってしまう可能性すらあります。

新年を迎え、今日はそのことを再度お伝えしようと思います。
変形性股関節症のリハビリに関する記事をまとめましたので、ぜひご覧下さい。

続きを読む

2020年、明けましておめでとうございます

2020年、明けましておめでとうございます

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

ここ数年、協会の活動はネットの活動を中心に行ってまいりました。
なぜなら自分の仕事の他に母の介護などがあり、外出する時間が作れなかったためです。

最近、ようやく母の介護からも少し距離を置けるようになりましたので、今年はリアルの活動に力を入れていきたいと考えております。

続きを読む

減量前と減量後の違いをお見せします!!

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

昨年11月からスタートした減量ですが

今年7月末の7か月間で10キロの減量に成功しました。

今回は、その比較写真を掲載いたします。
10キロ痩せた事実は、本当ですよ。

続きを読む