【ワークショップ直前特集】「明るい未来の展望」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる

【ワークショップ直前特集】「明るい未来の展望」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

いよいよ、今週末に「変形性股関節症と仕事の両立で悩むアナタのためのワークショップ」が開催されます。

実はこのワークショップ、”変形性股関節症と仕事”をテーマにしていますが、変形性股関節症に悩む全ての人にすごく役に立つんです。

例えば、
 ・ 股関節の痛みに耐えて仕事を続けるため、 保存療法か手術療法かで迷っている。
   ただ、どちらを選択したとしても先の見えない将来に不安を感じている

 ・ 人工股関節手術後、望んでいたほど股関節が回復していない。
   完全回復までにどれくらいの時間がかかるのか。
   自分に明るい未来がやってくるのだろうかと悩んでいる

 ・ 変形性股関節症とうまく付き合いながら何か社会に貢献したい。
   漠然と考えているものの、どうすればよいかわからない

こんなふうに感じてらっしゃる変形性股関節症の患者さん。

このような方には、このワークショップはピッタリだったりします。

今日は、ワークショップ開催直前の特集として、
 「明るい未来」が具体的にイメージできればキツい変形性股関節症の闘病が本当に楽になる
ということをテーマに、関連する記事をまとめてみました。

少しでも興味があれば、ご覧ください。

ワークショップのご案内

 ・ 変形性股関節症と仕事の両立で悩むアナタのためのワークショップ

関連記事のまとめ

ワークショップを開催した理由

 ・ なぜ「変形性股関節症と仕事の両立」をテーマとしたワークショップを企画する必要があったのか?

将来への希望は大きな力になります

 ・ 「将来への希望」は股関節の痛みをやわらげるための”いい薬”になる

実は、この「将来への希望」を”具体的に””まるで映画でも見ているように”ありありとイメージするための本当に優れた方法が、ビジョンストーリーというものなんです。

ビジョンストーリーについて

 ・ 「ビジョン・ストーリー」は変形性股関節症を乗り越えるためにもすごく役立つ考え方です
 ・ 【変形性股関節症と仕事】ビジョンストーリーは起業するとき「本当に頼れる地図」になる

長期間続く変形性股関節症の闘病に悩んでいるなら

ぜひ、このワークショップに参加してみることをおススメします。

このワークショップは、ビジョンストーリーを駆使して、変形性股関節症と闘うアナタの「明るい将来の姿」を描くためのもの

肉体的にも精神的にキツい変形性股関節症との闘病も、明るい未来の展望を具体的な形で見ることができると、本当に楽になれます。

変形性股関節症と闘病する全ての人に心からおススメします。

【無料】変形性股関節症に悩むアナタのための「お役立ち特別コンテンツ」

変形性股関節症の元患者である井口が 当時本当に知りたかった情報や欲しかったノウハウ、参加したかったコミュニティなど、 全部まとめて、しかも無料で利用できるようにしました。


こちらから当ブログの読者登録をして、ぜひご活用ください。


読者登録して無料お役立ちコンテンツを読む

SNSでもご購読できます。