【変形性股関節症】「自分の病状を正しく知ること」は病気克服の重要な第一歩です

       

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために本当に重要となる第一歩が「自分の病状を正しく知ること」。
なぜなら、病状が正確に把握できていないと、闘病方針を見誤るためです。

ただ、協会で相談を受ける中で感じるのは、自分の病状をきちんと把握できている患者さんがほとんどいない、ということです。

結果として、手術か保存療法かといった大きな闘病方針の決断で悩み抜いたり、治療を進めても病状が全く改善しないという事態に直面するケースが頻発します。

そこで今日は「自分の病状を正しく知る」ためのヒントをお伝えします。
非常に重要な内容なので、ぜひ熟読してください。

「自分の病状を正しく知る」ためのヒント

それでは、「自分の病状を正しく知る」ためには具体的に何をすればよいのでしょうか。

その答えは、
1.数人の医師に診てもらう
2.医師以外の人にも話を聞く
ということです。

1.数人の医者に診てもらう

自分の病状を正しく知るためには、数人の医者に診てもらうことは絶対に欠かせません。

通いやすいからと言って、自宅の近所の医者一人に頼りきりになるのは本当に危険です。
なぜなら、変形性股関節症に精通していない医師に当たるケースがしばしばあるためです。

では、どんな医者に診てもらえばよいのでしょうか

それは、「股関節を専門にしており」「リハビリを重要視している」医者です。

これらは変形性股関節症を克服するためには必須の要件であり、この条件を満たす医者の中から、自分が最も信頼できると思う医者を主治医にすることが重要です。

でも、どうやってそんな医者を見つければいいの?

ただ、そんな医者をどうやって見つけたらよいのか、迷う方が大部分だと思います。
そこで、医者を探すときに役立つ8つの質問をお伝えします。

アナタが医者に診てもらうとき、実際にこの8つの質問をして下さい。
その答えによって「よい医者かどうか」を判断しやすくなります。

医者を見極める8つの質問

・私の正式な病名を教えて下さい。
・私の股関節の状態は、前期、初期、進行期、末期のいずれでしょうか?
・現在の股関節は、どのような状態でしょうか?(できれば、レントゲン写真の見方を教えていただいて下さい。)
・今後、この病気は、どのように進行していくのでしょうか?
・生活レベルでは、今後どのように変化していくのでしょうか?
・進行をできるだけ遅くするには、どのようなことに気をつけたらよいでしょうか?
・この病院では、私に合ったリハビリ指導をしていただけるのでしょうか?
・現在の私の股関節の状態であれば、手術までにどれくらい保つでしょうか?

中でも「この病院では、私に合ったリハビリ指導をしていただけるのでしょうか?」「現在の私の股関節の状態であれば、手術までにどれくらい保つでしょうか?」という問いにきちんと答えられるようであれば、平均レベル以上の医者である可能性があります。

2.医者以外の人にも話を聞く

自分の病状を正しく知るためには、医者以外の人に話を聞くことも重要です。
ここで言う「医者以外の人」とは、具体的には「医師以外の専門家」「同じような病気を経験している人」を指します。

医師以外の専門家

変形性股関節症の専門家は、医師以外でもたくさん存在します。
例えば、技術のある理学療法士、柔道整復師やスポーツトレーナーなどです。

このような医師以外の専門家に次のようなことを聞いてみて下さい。
・手術をする必要があるか、ないか
・自分の病状に合うリハビリ方法
・有能な股関節専門医を知っているか
・術後のアフターケアはどうすればよいか
・優れた股関節治療を提供する病院を知っているか

これらの質問の答えを得ることで、今後の自分の闘病方針について自信を持った判断ができる可能性が高まります。

同じような病気を経験している人

変形性股関節症の患者、元患者といった人に話を聞くことも、本当に役立ちます。
実際、私も闘病時代に股関節手術を経験した2人の友人に話を聞きました。

そこでは、医者選びの方法や術後のリハビリの具体的で役立つアドバイスをいただくことができましたが、それ以上によかったのが、実際に経験された方の患者目線でのお話を伺うことで、気持ちが本当に楽になったことです。

お二人の話を聞き、私の話も聞いてもらうことで、自分の悩みや苦しみを共有できているという気持ちを持つことができました。
これにより、私は本当に心強く、気分がラクになったのを覚えています。

その意味でも、同じ病気を経験している人と話すことは本当に大きな価値があります。

自分の病状を正しく知ることは重要な第一歩です

この記事を参考に、自分自身の病状が正確に把握した上で、闘病を進めて下さい。

もし相談できる人が周りにいないという方は、個別相談メディカル・アロマケア体験会を通じて、変形性股関節症を克服した元患者である私がアドバイスすることもできます。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

 


患者目線から見たお役立ち情報を知りたい方へ

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

SNSでもご購読できます。