変形性股関節症の手術

変形性股関節症闘病のキモ。自分に合う主治医を探すための必読4記事

         術後調子の悪い人が増加傾向

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病に当たってキモとなるのが、主治医選びです。

腕のいいお医者さんに主治医として診てもらうこと。
それが患者さんにとって非常に大事であることは言うまでもありません。

今日は、変形性股関節症の患者さんが”自分に合った”主治医を探すために必ず読んでおきたい記事を4つピックアップしました。

ぜひ熟読して、アナタの主治医探しに役立てて下さい。

続きを読む

最近の変形性股関節症患者における気になる傾向とは!

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

協会の個別相談やメディカル・アロマケア体験会に

参加される患者さんを見ていると、ある気になる傾向が見受けられます。

それは、整形外科のリハビリの質の低下に加え、病院側の経営的な都合に患者が振り回された結果、本来であれば患者側が抱える必要のない問題を抱えてしまうというものです。

続きを読む

寒さで調子が悪い人が増えてきています

         【股関節痛対策】真冬の冷えに立ち向かうためには体を温めるのがおススメ

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

ここのところ朝晩の寒暖差が出てきて

協会に定期的に来訪されている患者さんの中にも、調子が悪い人が増えてきています。

コロナで仕事が時短になっていたけど通常の仕事に戻りつつあるという患者さんの場合、椅子に座る時間が急に増えてきて骨盤が前傾姿勢になってしまいました。
その結果、腰痛がひどくなってきたそうです。

他にも、気温が高い時期はシャワー浴でも大丈夫だったのですが、体が冷えるために股関節周辺の筋肉や靭帯が硬くなってしまい、結果として人工股関節の動きが悪くなってしまった方もいらっしゃいます。
その方は、足の付け根が痛くなるという症状が出ています。

この時期は体が寒さに慣れていないため、気温差が体に与える影響が実に大きいです。

続きを読む

リハビリの質と量の大切さ

         変形性股関節症経験者がまとめる「股関節のためのリハビリ体操のやり方」

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

最近急に寒くなって、股関節の痛みが出てきている方が増えているのではないかと思います。
特に最近、術後の患者さんで痛みを訴える方が増えてきていることに大変懸念をしています。

続きを読む

”質の良い”変形性股関節症のリハビリを行うため必ず読むべき8つの記事

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために”質の良い”リハビリを継続することは非常に重要です。

今日は、変形性股関節症の患者が必ず押さえるべきリハビリに関する8記事をまとめました。
非常に重要な内容ばかりですので、ぜひご覧下さい。

続きを読む

変形性股関節症の手術と保存療法について知っておくべき7つのお話

変形性股関節症の手術と保存療法について知っておくべき7つのお話

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症で非常に重要な判断となるのが、手術をするか保存療法で対処するか、という闘病方針です。

ただ、手術か保存療法かを判断する上で、押さえておくべき知識がないままに右往左往している患者さんは多いです。

そこで今日は、変形性股関節症の手術と保存療法について知っておくべき7つのお話をピックアップしました。
手術するか保存療法でいくかの判断を行う前に、ぜひご一読下さい。

続きを読む

変形性股関節症との向き合い方を見直すためのヒント10記事

変形性股関節症との向き合い方を見直すためのヒント10記事

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

コロナウイルスで外出自粛。
これまでにないゴールデンウイークで、本当に大変なことになっています。
変形性股関節症に悩む患者さんにとっても、気分がふさぎがちになるかもしれません。

ただ、普段と違い、時間がたくさん確保できるこのタイミングだからこそ、一度ご自身の変形性股関節症との向き合い方を見直してみるのもよいのではないでしょうか。

今日は、変形性股関節症と向き合うための10のヒントをまとめてみました。
向き合い方を見直すきっかけとしてご覧下さい。

続きを読む

患者さんなら知っておくべき”変形性股関節症の手術と保存療法”について7記事でまとめました

インターネットの情報よりもまずは基本的な知識を得る必要性

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症と向き合う上で、手術するか保存療法で行くかは重要なポイントです。
なぜなら、どちらを選んだとしても、患者さん自身の生活がよりよくなることにつながらなければ意味がないからです。

ただ、その判断をする上で、手術と保存療法について知っておくことは最低限必要です。

そこで今日は、変形性股関節症の手術と保存療法についてぜひ読んでいただきたい基礎知識に関する記事をピックアップしました。

続きを読む

変形性股関節症、手術か保存療法か。この重要な決断をする前に読むべき7記事

変形性股関節症、手術か保存療法か。この重要な決断をする前に読むべき7記事

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するための大きな判断、手術か保存療法か。
この判断は、患者の人生を左右する重要なものになります。

今日は、手術か保存療法かを検討する際に読むべき7つの記事をまとめました。
転ばぬ先の杖として、ぜひご覧下さい。

続きを読む

人工股関節カップの設置強度の評価技術を開発

人工股関節カップの設置強度の評価技術を開発

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

慶応大学医学部整形外科の研究グループが

模擬骨を使用した実験で人工股関節カップの設置強度を評価する技術の実証に成功。

この技術は、患者さんにダメージを与えることなく人工股関節手術中に人工股関節のカップにレーザーを照射し、その振動の周波数を測定。
カップの骨盤に対する「うき」や「剥離(はくり/はがれて取れる)」を評価するものです。

続きを読む