変形性股関節症の進行期

【変形性股関節症】現在の自分の病状を正しく知ることは病気克服に絶対欠かせません

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者にとって、自分の病状を正確に把握することは本当に重要です。

なぜなら、自分の現在の状態が分からなければ、例えば手術か保存療法で行くかといった判断もできませんし、適切なリハビリ運動の種類や回数といったことも見誤ってしまうためです。

ただ、非常に残念なことに

私がこれまで協会を通じて接した患者さんの大部分が、現在の自分の病状をきちんと把握できていませんでした。これは、由々しき事態だと考えております。

そこで今回は、「自分の病状を正しく知る」ことをテーマにお話をします。

私自身の変形性股関節症克服体験と協会を通じて得た患者さんの様子から、患者が「現在の自分の病状を正しく知る」ために具体的に何をすればよいかをお伝えします。

全ての患者さんにとって意識すべき内容ですので、ぜひご覧ください。

メディカル・アロマケア体験会

続きを読む

【変形性股関節症】股関節の痛みはコントロールできる!私の実体験から得た知恵を伝えます

         【変形性股関節症と仕事】ビジョンストーリーの例をもう一つお伝えします

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者にとって、股関節の痛みは大きな悩みです。
末期など病状が進むにつれ、本当に大変な思いをしている患者さんは多いと思います。

私も同様で、闘病時代には股関節の痛みを何とかしようと本当に様々な試行錯誤を行いました。

その結果、”自分なりの痛みのコントロール方法”を編み出すことができたのですが、おかげで末期の頃に主治医から「痛み止めの薬や注射で抑えなければいけないレベルの股関節の痛み」と言われた状態でも、痛み止めに頼ることなくツラい時期を乗り越えることができました。

今回は、私が試行錯誤を通じて得た「股関節の痛みのコントロール方法」をお伝えします。
股関節の痛みに悩む全ての患者さんにご覧いただきたい内容です。

メディカル・アロマケア体験会

続きを読む

【変形性股関節症】「手術か、保存療法か」大事な判断の前に押さえるべき基礎知識をまとめてお伝えします

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「手術するのか、保存療法でいくのか」
これは、変形性股関節症の患者にとって非常に重要な判断になります。

実際、協会でもこのテーマに関する相談を受けることが多いのですが、そこで感じるのが、手術と保存療法の判断に先立って知っておくべき知識が不十分な患者さんが意外と多いこと。

そこで今回「手術か、保存療法か」という判断の前に知っておくべき基礎知識をお伝えします。
ぜひ、手術と保存療法に関する基礎知識を見直す一つのきっかけとしてください。

メディカル・アロマケア体験会

続きを読む

【変形性股関節症】私の股関節の痛みの変遷と今だから伝えられる根本対処【実体験から得た知恵】

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者にとっての大きな悩み。
それが、股関節の痛みです。

病状が進むにつれ、どんどん痛みがひどくなる。
この痛みは、これからどうなっていくのか。

私自身もそうでしたが、先が見通せない状況の中暮らしていかなければならない患者さんのストレスは日々大きくなる一方だと思います。

そこで今回は

私の闘病時代、股関節の痛みがどのように変わっていったかの実体験と、今だからこそ私がお伝えできる「股関節の痛みを和らげるための根本対処」をお伝えします。

全て、私のリアルな経験です。

股関節の痛みのリアルな一つの事例を知り、さらにその根本対処を知る。
そうすることで、不安な気持ちがきっと軽くなるはずです。

股関節の痛みに悩む変形性股関節症の患者さん、ぜひご覧ください。

メディカル・アロマケア体験会

続きを読む

【変形性股関節症】「自分の病状を正しく知ること」は病気克服の重要な第一歩です

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために本当に重要となる第一歩が「自分の病状を正しく知ること」。
なぜなら、病状が正確に把握できていないと、闘病方針を見誤るためです。

ただ、協会で相談を受ける中で感じるのは、自分の病状をきちんと把握できている患者さんがほとんどいない、ということです。

結果として、手術か保存療法かといった大きな闘病方針の決断で悩み抜いたり、治療を進めても病状が全く改善しないという事態に直面するケースが頻発します。

そこで今日は「自分の病状を正しく知る」ためのヒントをお伝えします。
非常に重要な内容なので、ぜひ熟読してください。

メディカル・アロマケア体験会

続きを読む

【変形性股関節症】「本当にラクになる」元患者が教える股関節の痛み対処法【実体験からの学び】

         寒さ本番。股関節の痛みがひどくなったら試すべき2つの使い捨てカイロ

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者にとって、本当に大きな悩み。
それが、股関節の痛みです。

私も闘病時代、股関節の痛みには非常に悩まされました。
そして、何とか股関節の痛みを軽くしようと、たくさんの試行錯誤を繰り返してきました。

その結果、現在では変形性股関節症を克服し、股関節の痛みなく、不自由のない日常生活を送ることができています。

今日は、これまで私が実体験を通じて学んだ”股関節の痛みの対処法”についてお伝えします。
ぜひご覧下さい。

続きを読む

「私は変形性股関節症?」病気に初期段階で気づくためのに3つの兆候を教えます

         「お客様は誰?」ターゲットを明確にすることは本当に大切です

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症は、かなり進んでから自覚症状が表面化する病気です。
私自身の経験からも、初期は自覚症状が全くなかったため、気づきもしませんでした。
病状がかなり進んで突然歩けなくなって初めて、病気が分かったのです。

ただ、変形性股関節症は早期に発見することができれば、手術を回避し、日常生活レベルを維持できる可能性が高くなります。

今日は、変形性股関節症に初期段階で気づくための3つの兆候をお伝えします。
もし当てはまるようであれば、すぐに整形外科を受診して下さい。

メディカル・アロマケア体験会

続きを読む

変形性股関節症の患者さんに向けて伝えたい私の想い

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

私は変形性股関節症の患者さんに対して

一貫した想いがあります。

それは「変形性股関節症と診断された瞬間から、自分の股関節と正しく向き合ってほしい」ということです。

メディカル・アロマケア体験会

続きを読む

【変形性股関節症】病状がひどくない初期~進行期の患者さんこそ協会に個別相談してみませんか

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

最近、変形性股関節症の患者さんの相談が非常に増えてきました。
内容はそれぞれの患者さんで違うのですが、主に進行期~末期の方が多いです。

その中で

皆さんが共通して悩んでいる問題として、次の4つがあります。

1.どのような運動をしたらよいのか分からない。
2.日常生活においてどのような点に気をつけたら手術をしなくてすむのか?
3.現在、就いている仕事を続けていくためにどのようなことに注意すればよいのか?
4.近い将来、本当に手術をしなければならないのか?

続きを読む

【私の実体験】変形性股関節症で「股関節の痛み」がどのように変わったかをお伝えします

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会代表理事の井口です。

前回、股関節の痛みとうまく向き合うためのヒントをお伝えいたしました。

その中で一つ重要だと考えているのが、病状が進むにつれて股関節の痛みがどのように変わっていくのかを知ることです。

特に、変形性股関節症と診断されたばかりの患者さんは、今後の痛みの様子が想像できずに不安に駆られていることも多いでしょう。

今日は私の実体験から、病状進行に伴う股関節の痛みの様子をお伝えします。
敵を知れば百戦危うからず、です。

ぜひご覧下さい。

続きを読む