【変形性股関節症】歩けないほどの股関節痛になる前に「リハビリ運動と股関節ケア」を始めましょう

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の病状が進むと、股関節痛がひどくなっていきます。
私も経験しましたが、あまりの痛みで歩けないこともあるくらいの痛みです。

そうなる前に意識してやっておくべきことが、これまで何度もお伝えしている「リハビリ運動と股関節ケア」。

即効性があるものではありませんが、根本的な対処になるものであるため、ぜひ変形性股関節症と診断されたときから取り組んでいただきたいと確信しております。

今日は、なぜ私がそのように確信するに至ったのかをお伝えします。
ぜひご覧ください。

私の変形性股関節症との闘病は

2007年の変形性股関節症と診断から始まりました。
2010年に左側を人工股関節に、2012年に右側を人工股関節にする手術を受けました。

当時は「リハビリ運動と股関節ケア」の概念など全く意識していなかった私は、ひどくなる股関節の痛みをマッサージなどでしのいでいました。

人工股関節手術後の入院リハビリで実感しました

そんな私が、リハビリ運動の効果を痛感したのが、術後の入院リハビリでした。

当時の理学療法士の先生が立てて下さった適切な運動メニューをこなす中で、全く歩けない状態がどんどん改善していったのです。
このときの理学療法士の先生には、本当に感謝しています。

それから

変形性股関節症の運動について、詳しく勉強するようになりました。

その中で体感したのが、
 ・ リハビリ運動は股関節ケアと一体となって取り組む必要があること
 ・ リハビリ運動と股関節ケアは、継続してこそ効果がでてくること
 ・ リハビリ運動は、自分の股関節の状態に合う内容にすること。
   そのためには、専門家の知恵を借りるのが一番であること
 ・ 股関節ケアには、アロママッサージが非常に効果的であること
ということでした。

これらを明確に意識することで

私は術後6~8年が経った今では両股関節ともすこぶる順調な回復ができています。

現在、私自身は「リハビリ運動と股関節ケア」として、
 ・  毎晩、アロマ入浴をする
 ・  週に2~3回は、サーキットトレーニングを行う
 ・  月に2回は、パーソナルトレーナーから指導を受ける
 ・  1日2回程度オリジナルクリームで腰をマッサージして、腰痛予防のストレッチを行う
  (股関節に痛みがないため、腰を中心にケアをしている)
 ・  体の状況に応じて、整体かマッサージを週に1回受ける
といった内容の取り組みを行い、ベストコンディションを保つようにしています。

歩けないほどの股関節痛に悩まされる前に

あなたも「リハビリ運動と股関節ケア」に取り組んでみませんか。
適切な股関節ケアと継続的な運動で自分にとっての最善の状態になれる可能性が高まります。

この記事が、股関節痛に悩む患者さんにとって役立つことを願ってやみません。

 


最新記事をすぐ読みたい方はメルマガ登録!

メールアドレス入力するだけ
定期配信するブログ記事をすぐにご覧いただくことができます。
ぜひご登録下さい。

 
メールアドレス
 

SNSでもご購読できます。