保存療法

【変形性股関節症】「自分の病状を正しく知ること」は病気克服の重要な第一歩です

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服するために本当に重要となる第一歩が「自分の病状を正しく知ること」。
なぜなら、病状が正確に把握できていないと、闘病方針を見誤るためです。

ただ、協会で相談を受ける中で感じるのは、自分の病状をきちんと把握できている患者さんがほとんどいない、ということです。

結果として、手術か保存療法かといった大きな闘病方針の決断で悩み抜いたり、治療を進めても病状が全く改善しないという事態に直面するケースが頻発します。

そこで今日は「自分の病状を正しく知る」ためのヒントをお伝えします。
非常に重要な内容なので、ぜひ熟読してください。

続きを読む

【変形性股関節症】手術したのに”自分が思い描く状態”になっていないなら術後リハビリを見直しましょう

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

人工股関節手術。

この大きな決断をした患者さんは「股関節の痛みがなくなり、病気になる前のような日常生活が取り戻せる」と、術後の生活に大きな期待を寄せます。

ただ、術後に思い描く状態にならず、落胆する患者さんも多くいらっしゃいます。
「人工股関節手術をしたのに、まだ股関節の痛みがある。
 調子が悪い。
 こんなことなら手術をしなければよかった。」

今回は、このような患者さんに向けたお話です。
少しでも思い当たる方はぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】病気克服のために意識すべき3つのコトをお伝えします【私の克服経験から得た知恵】

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症を克服したい。
それは、全ての患者さんの願いだと思います。

変形性股関節症を克服するためには秘訣があります。
それは、次の3つの内容を深く意識する、ということです。

今回は、私自身の闘病経験と、協会で接する患者さんの様子から得た知恵をお伝えします。
ぜひご覧下さい。

続きを読む

【変形性股関節症】患者が最低限知っておくべき「手術と保存療法」の話

         【皆さまへのお願い】変形性股関節症の患者さんの悩みを少しでも軽くするために!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の治療には、大きく2つの方向があります。
それが、人工股関節手術と保存療法です。

手術か保存療法か、その判断は患者自身の今後の人生の質を大きく変えるものとなりますが、それ故に、患者は手術と保存療法について最低限の情報を知っておく必要があります。

今日は、患者が最低限知っておくべき「手術と保存療法」に関する内容をまとめました。
この記事の内容をきちんと理解して、アナタの闘病にお役立て下さい。

続きを読む

「私は変形性股関節症?」病気に初期段階で気づくためのに3つの兆候を教えます

         「お客様は誰?」ターゲットを明確にすることは本当に大切です

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症は、かなり進んでから自覚症状が表面化する病気です。
私自身の経験からも、初期は自覚症状が全くなかったため、気づきもしませんでした。
病状がかなり進んで突然歩けなくなって初めて、病気が分かったのです。

ただ、変形性股関節症は早期に発見することができれば、手術を回避し、日常生活レベルを維持できる可能性が高くなります。

今日は、変形性股関節症に初期段階で気づくための3つの兆候をお伝えします。
もし当てはまるようであれば、すぐに整形外科を受診して下さい。

続きを読む

変形性股関節症と診断されたアナタへ伝えたい熱い想い

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

このブログにやっとたどり着いていただけましたことに、心から感謝申し上げます。

病院や整形外科クリニックで

変形性股関節症と初めて診断されたとき、本当にショックだったと思います。
私も2007年に同じ想いを経験したので、その気持ちは本当によく理解できます。

そして、変形性股関節症についてネットで検索しても、出てくるのは病院やクリニックの名前や難しい研究論文の情報ばかり。

これから先、自分自身がどのような道を進んでいくのかが全く分からず、深い闇の中に突き落とされたような気持ちになったことでしょう。

続きを読む

【協会の個別相談】悩みを抱える患者が「本当に知りたい内容、知っておくべき内容」をお伝えしています

         負けないで!変形性股関節症になることで得るものもきっとある!

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の患者さんは、本当にたくさんの悩みを抱えています。

手術か保存療法かの治療方針の悩み。
手術やリハビリに関する悩み。
仕事や日常生活の悩み。

大小はありますが、挙げていくとキリがありません。

患者さんは、これらの悩みについて医者などの専門家に相談して対処方針を決め、試行錯誤しながら解決しようとします。

ただこの進め方でうまくいかないケースも多くあります

続きを読む

【変形性股関節症】セカンドオピニオン、サードオピニオンを活用すると「納得して」前に進むことができる

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

「手術したほうがよいのか、保存療法で行くべきか決めかねている」
「しばらく通院したにも関わらず、変形性股関節症のリハビリがうまくいかない。病状が全く改善しない。」

変形性股関節症の患者さんは、こういった悩みをたくさん抱えています。

このような問題を解決するために

非常に役立つのが、セカンドオピニオン、サードオピニオンの活用です。

続きを読む

【私の実体験】変形性股関節症で「股関節の痛み」がどのように変わったかをお伝えします

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会代表理事の井口です。

前回、股関節の痛みとうまく向き合うためのヒントをお伝えいたしました。

その中で一つ重要だと考えているのが、病状が進むにつれて股関節の痛みがどのように変わっていくのかを知ることです。

特に、変形性股関節症と診断されたばかりの患者さんは、今後の痛みの様子が想像できずに不安に駆られていることも多いでしょう。

今日は私の実体験から、病状進行に伴う股関節の痛みの様子をお伝えします。
敵を知れば百戦危うからず、です。

ぜひご覧下さい。

続きを読む

【まとめ】「変形性股関節症の手術と保存療法」の判断に役立つ7記事

         

 

変形性股関節症と正しく向き合う会の代表理事、井口です。

変形性股関節症の闘病に際して、大きな判断基準となる”手術か保存療法か”の判断。
この判断は非常に重要なポイントです。

なぜならこの判断は、闘病方針だけでなく、その後の患者自身の人生そのものも大きく変えてしまうからです。

今日は「変形性股関節症の手術と保存療法」の判断に役立つ7つの記事をまとめました。
ぜひご覧いただき、今後の闘病方針を決める際に活かして下さい。

続きを読む